韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国人の半分以上「強制徴用、資産現金化以外の解決方法を探すべき」

韓国人の半分以上「強制徴用、資産現金化以外の解決方法を探すべき」

韓国大法院の強制徴用判決、日本の輸出規制などをめぐり韓日葛藤が激化し、反日感情も高まったことが分かった。ただし、強制徴用賠償問題は日本企業に対する強制執行ではなく、他のやり方で解決しなければならないという意見が増えた。韓日シンクタンクである東アジア研究院(EAI)と言論NPOは「第8回韓日共同世論調査」の結果を15日、発表した。両機関は2013年から毎年韓日国民各1000人を対象に相手国に対する好感度を調査して発表している。

調査によると、今年韓国人の71.6%は日本に対して「良くない印象」を持っていると回答した。昨年(49.9%)に比べて約20%ポイント急増した。「良い印象」を持つとした回答も今年12.3%で、昨年(31.7%)に比べて大きく下落した。日本に対する否定的感情は朴槿恵(パク・クネ)政府時である2015年72.5%を記録してから、毎年10%ポイントずつ減少したが今年急増した。反面、日本の場合、韓国に対して「良くない印象」を持つという回答が46.3%で昨年(49.9%)に比べて小幅下落した。

世代別に、日本に対する認識悪化は10~30代が主導した。特に30~39歳で日本に対する肯定・否定的感情は昨年30%台で類似していたが、今年は否定的感情が72.7%で前年(39.6%)に比べて33%ポイント以上増加した。18~29歳でも否定的感情が33.9%から52.8%に急増した。EAIのソン・ヨル院長は「伝統的な歴史問題による反発というより、輸出規制と安倍晋三前首相の韓国に対する『国際法違反国家』攻撃の言動などが若年層に影響を与えた」と解釈した。 強制徴用問題に関して、日本企業の韓国資産に対する強制執行が行われる場合、日本国民の半分以上(54.2%)は「韓国に対抗措置を講じるべき」と答えた。日本が報復措置に出る場合、韓国人の75.1%は「政府・民間次元で対応しなければならない」と答えた。

スポンサードリンク
相手国に対する重要性を聞くと、「日本はわれわれにとって重要である」という回答は、韓国で圧倒的に高かった(82.0%)。EAI側は「日本に対する好感度とは別に、経済協力や民間交流の重要性は韓国側が高く認識しているという意味」と分析した。反面、「韓国は日本にとって重要だ」という日本の回答(48.1%)は半分を下回った。初回調査時の2013年73.6%から毎年韓国に対する関心が下落する傾向を示している。
https://japanese.joins.com/JArticle/271242?sectcode=A10&servcode=A00

2020-09-24-k001.jpg

文政権になり、裁判長を入れ替え、最高裁の長官を入れ替え、政権が上記事判決を出させたとの指摘もある。だが国際条約に関しては前政権が結んだ国際条約が有効なわけで、政権交代するたびに、国際条約が無効になっていたら国際関係は築けないという基本的問題がある。それでも反日政策を韓国政府は加速するわけで、挙句に政府が関与できない部分としている。

がしかし、それを先読みした文氏の悪巧みなわけであるから困ったものである。日本政府は無視を貫き通すだろうし、現金化すればそれ相当の対応を日本政府は実施するしかない。韓国内の問題を、日韓問題とする悪巧みは、もはや通用しないという事に気が付かない文氏では、日本に反抗するほどに、結局自国破綻が加速する事になる。

関連記事

[ 2020年10月17日 09:21 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp