韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  新型コロナ、日系自動車メーカーの中国における販売状況は?

新型コロナ、日系自動車メーカーの中国における販売状況は?

世界の主要な自動車市場の1つである中国自動車市場は、新型コロナウイルス感染症の後に急速な回復を遂げ、海外の自動車メーカーの回復に原動力を与えている。最近、日本の3大メーカーのトヨタ、日産、ホンダがそれぞれの9月の中国市場における新車販売状況を明らかにした。3社とも中国市場で力強い動きをみせている。経済参考報が伝えた。

中国全体で新車販売量が回復を続けている。感染症の影響が深刻だった2月と3月は生産も販売も大幅に減少したが、中国政府の需要喚起措置などの後押しを受けて、4月以降は販売がプラスを達成した。中国自動車工業協会の予測では、9月の販売量は前年同期比13.3%増の257万2000台に達し、6カ月連続で前年の成績を上回ったという。 10月9日、トヨタは9月の中国での新車販売量が17万9400台に達して、同25.3%増加したと発表した。トヨタにとって6カ月連続の前年同期比増で、単月の販売量の過去最高も更新した。「カローラ」、「カローラレビン」などの主力車種と高級ブランド「レクサス」がいずれも非常に力強い動きをみせた。

トヨタの販売量の急増を促した主な原因は、リニューアルした車種、モデルチェンジした車種が市場で好評だったことだ。車種別にみると、カローラは同41.3%増の3万7400台に達し、カローラレビンは5%増の2万2700台となり、主力車種の好調な売り上げが販売量全体のレベルを押し上げた。レクサスは同13.3%増の2万100台で、トヨタ中国法人の代表は、「地方の展示会での受注も好調だった」と述べた。

スポンサードリンク
統計によると、2020年1-9月のトヨタの累計販売量は同6.9%増の126万2400台に達した。トヨタは20年の販売目標を前年比8.6%増の176万台と定めている。報道によると、今後の新製品計画の中で、トヨタはリニューアルした「ハイランダー」、「シエナ」、「ハリアー」で二車種戦略を進め、中国で現地生産する車の陣容をさらに充実させる予定だ。次世代シエナは21年に広汽トヨタと一汽トヨタがそれぞれ現地生産を開始し、発売後はより多くの細分化された市場の開拓を進めるという。
https://www.recordchina.co.jp/b845555-s10-c20-d0046.html

2014-02-10-toyota.jpg

トヨタ自動車は、8月の中国での新車販売台数が前年同月比27.2%増の16万4400台だったと発表している。前年実績を5カ月連続で上回った。8月はホンダも19.7%増の14万8636台と2カ月連続のプラスで、両社とも8月単月の販売は過去最高になった。一方、日産自動車は2.4%減の12万6592台で5カ月ぶりのマイナスになり、明暗が分かれた。トヨタは「カローラ」や「レビン」など主力車種が好調で、高級車ブランド「レクサス」も販売台数が2割伸びた。ホンダも一部改良を実施した「CR-V」など主力車種が堅調だった。日産は小型トラックなどの商用車が6.9%増だった一方、主力の乗用車が2.9%減と苦戦した。

中国全体の新車販売台数は新型コロナウイルスの感染拡大が深刻だった2~3月に大きく落ち込んだ。4月以降は前年実績を上回って推移している。中国汽車工業協会は8月も11%増の218万台との推計を公表しており、プラスを確保した。ただ「先行きに不透明感も残る」(日系メーカー)との声もあり、先行きの見通しは難しい。

関連記事

[ 2020年10月20日 08:20 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp