韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SKハイニックス、インテルのNAND型フラッシュメモリ事業を90億ドルで買収

SKハイニックス、インテルのNAND型フラッシュメモリ事業を90億ドルで買収

韓国の半導体大手SKハイニックスが世界の半導体業界1位インテルのNAND型フラッシュメモリ事業を90億ドル(約9500億円)で買収すると20日、発表した。これは、韓国企業が国内外の企業を対象に実施したM&A(買収・合併)で過去最大規模のものだ。世界の半導体業界全体の歴代M&Aの中では8番目の規模となる。

これにより、世界のNAND市場で5位(11.4%)のSKハイニックスは、1位(33.8%)のサムスン電子に次ぐ2位(22.9%)に浮上することになった。NAND型フラッシュメモリはDRAM同様、メモリ半導体に属し、電源が切れてもデータが保存される。新型コロナウイルス流行で大容量コンピューター投資が増えており、これに必要なNAND型フラッシュメモリの需要も急増している。

世界の半導体市場ではこのところ、数十兆ウォン(数兆円)規模の「ビッグ・ディール」が相次いで行われている。世界中の企業が人工知能(AI)・ビッグデータの基礎である半導体を安定的に確保するため競争を繰り広げているのだ。米中ハイテク戦争を半導体戦争として分析する見方があるほどだ。財界では、同市場を獲得するため崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長が2012年のハイニックス半導体買収、2018年の東芝メモリ買収に続き、「第三の勝負」に打って出たと受け止めている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/21/2020102180002.html

スポンサードリンク
2014-03-22-sk.jpg

韓国の半導体製造企業SKハイニックスがIntelのNANDメモリーおよびストレージ事業を90億ドル(約9500億円)で買収する。この買収には、IntelのNAND SSD事業と、NANDコンポーネントおよびウエハー事業、中国の大連にあるNANDメモリーチップ製造施設が含まれる。 Intelの「Intel Optane」メモリー事業は買収の対象とはなっておらず、同社にとどまる。両社は現在、政府からの承認を得る作業を進めており、正式に承認が得られるのは2021年後半になる見込みだ。

買収が認可されれば、SKハイニックスはIntelのNAND SSD事業(IPと従業員、大連の製造施設を含む)を買収する上で、まず70億ドル(約7400億円)を支払う。SKハイニックスはその後、2025年3月に予定されている20億ドル(約2100億円)の最終支払いによって、残りの資産(NANDフラッシュのウエハー関連の製造/設計に関するIPと、研究開発部門の従業員、大連の製造施設の従業員を含む)を獲得する。Intelは当面、大連の施設でNANDウエハーの生産を継続し、契約が完了するまで、NANDフラッシュのウエハー関連の製造/設計に関するすべてのIPを保持する。

Intelは業界をリードするNAND SSDテクノロジーと、単一メモリーセルに4ビットを書き込むQLC(Quadruple Level Cell)NANDフラッシュ製品を有している。SKハイニックスは、ストレージソリューション、特に法人向けSSDの分野での競争力を強化していくと声明で述べている。Intelは今回の取引で得る資金によって、さまざまな人工知能(AI)や5G、インテリジェントな自律型エッジ機能への投資を計画している。

関連記事

[ 2020年10月21日 09:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp