韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領が兪明希氏にテコ入れしていたのに…EU 27カ国はナイジェリア人候補支持

文大統領が兪明希氏にテコ入れしていたのに…EU 27カ国はナイジェリア人候補支持

世界貿易機関(WTO)事務局長を決める最終選挙で、韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長の当落のカギを握る欧州連合(EU)加盟27カ国が、同氏のライバル候補であるナイジェリア元財務相のオコンジョイウェアラ氏を支持することで合意したと26日(現地時間)、報じられた。「韓国人初のWTO事務局長」誕生の可能性に暗雲が垂れ込めている。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこれまで約90カ国と電話首脳会談をしたり親書を送ったりして「兪明希支持」を訴えるなど、総力戦を繰り広げてきた。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官も外交チャンネルを通じて支持を訴えた。しかし、選挙終盤に日本が韓国に対する「ネガティブ・キャンペーン(落選運動)」に乗り出し、形勢が不利になってきている。外交関係者の間では「政府が韓日関係を管理さえしていれば、このような状況にはならなかっただろう」という声が上がっている。

外信や複数の消息筋によると、EU加盟27カ国の大使たちは同日、ベルギーのブリュッセルで支持候補を決定するための会議を2回開いた。1回目の会議では一部の東欧・バルト地域加盟国が兪明希氏支持の意向を明らかにした。しかし、これらの国々は2回目の会議で大勢に従ってオコンジョイウェアラ氏を支持することにしたという。EUはWTO事務局長を選出する際、団結のため伝統的に支持候補を統一している。

スポンサードリンク
EUではどんな事案でも、二大加盟国であるドイツとフランスの意見が一致した場合、これを覆すのは難しい。ある消息筋によると、今回のWTO事務局長選出に関して、ドイツ、フランス、イタリア、スペインなど影響力が強い国々は早くからオコンジョイウェアラ氏を支持してきたという。現在までの情勢を総合すると、WTO会員国164カ国のうち、半数の82カ国を上回る96カ国前後がオコンジョイウェアラ氏を支持するものと思われる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/28/2020102880004.html

2020-10-27-k003.jpg

韓国とナイジェリアの2人に絞られた世界貿易機関(WTO)事務局長選を巡り、欧州連合(EU)がナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ元財務相を支持する方針を固め、韓国候補の兪明希産業通商資源部通商交渉本部長は形勢が不利になった。もっとも信用が無い韓国人では先が思いやられる。世界はこのことを良く知っているはず。にもかかわらず韓国政府が裏工作しても、今の文政権では心もとない。また日本は当然不賛成であるから、EUが加盟国の意見の取りまとめを終え、オコンジョイウェアラ氏支持を発表すると報じるのも無理はない。

EU加盟国は27票を持つ。オコンジョイウェアラ氏は記者会見で、79カ国・地域が自身を支持していると主張していたが、ここにEUの27カ国を加えると過半数となる。特に、WTO加盟国が最終的な合意に至る上では米国や中国など大国の声が強く反映される。EUは最終的にナイジェリアの候補を選んだが、米国は兪氏を支持しているとされる。中国はまだ支持候補を表明していないが、日本は予想通り、オコンジョイウェアラ氏を支持する方針を固めている。

関連記事

[ 2020年10月28日 09:07 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp