韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  第3四半期の成長率は1.9%、マイナスから脱した

第3四半期の成長率は1.9%、マイナスから脱した

韓国経済が、新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の拡散後、初めて「逆成長」から抜け出した。政府は、本格的な回復局面に入ったと評価したが、中央銀行は「「『V字反発』とは受け止められない」として、温度差を見せた。

韓国銀行は27日、第3四半期(7〜9月)の実質国内総生産(GDP)が456兆8635億ウォンで、前四半期より1.9%伸びたと発表した。新型コロナの拡散によって、今年に入って2期連続でマイナスを記録した成長率がプラスに転じたのだ。前四半期ベースでは、2010年第1四半期(2.0%)以来の最大の幅の伸びと言える。マイナス成長から脱したのには、輸出の増加が大きな影響を及ぼした。第2四半期はマイナス16.1%へと大幅に落ちた輸出は、自動車、半導体などの主要輸出品の需要が回復したことで、第3四半期は15.6%伸びた。輸出から輸入を差し引いた純輸出の成長寄与度は3.7%で、第2四半期(マイナス4.1%)に比べて大幅に逆転した。

企画財政部と韓国銀行は交錯した解釈を出した。洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は同日、政府ソウル庁舎で開かれた革新成長戦略会議で、10年ぶりの最大幅の成長を強調しながら、「経済正常化のための回復軌道に進入した」と明らかにした。

スポンサードリンク
一方、韓国銀行は、22年ぶりに最も低い水準に落ちた第2四半期の成長率の基底効果を指摘しながら、V字反発とは受け止めづらいと説明した。朴良洙(パク・ヤンス)韓銀経済統計局長は、「最近のGDP推移を見れば、まだ、昨年第4四半期(10〜12月)の水準に達しておらず、既存の成長率の傾向線にも至っていないので、V字反発と言うには躊躇われる面がある」と語った。
https://www.donga.com/jp/

2020-10-27-k003.jpg

韓国経済崩壊論は依然として加速しているが、個人的には国家破綻が先に来ると考えている。政府負債対応策が無いことが理由だ。外責に頼る国家予算では、いずれ国は崩壊する。一方韓国経済における外資系企業の低迷はあるが、これも考え方ひとつとなる。外資系企業となるほどに海外からの投資が入り、海外人材や海外幹部も増える。経営者だけが韓国人というだけで、海外からの技術が入りやすいことも、意外と危機と言いつつも生き延びている理由でもある。

確かに中国依存度の高さはリスクが高いが、中国に依存しないと生き残れないと言う側面もある。中国が崩壊すれば関連国は嫌でも崩壊するわけで、必ずしもリスク分散だけが正しいとも言い難い。如何に中国と向き合うかのほうが重要となる。問題は外交ができない韓国大統領にあり、米国との間で大統領の椅子から転げ落ちるのが特徴でもある。

関連記事

[ 2020年10月29日 08:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp