韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  カメラ1位は未達成でもイメージセンサーは目標1位…サムスン、ソニーを猛追

カメラ1位は未達成でもイメージセンサーは目標1位…サムスン、ソニーを猛追

故・李健熙(イ・ゴンヒ)会長は2012年「3年以内にカメラで1位を取れ」と指示した。サムスン電子は韓国の市場で、ミラーレスカメラでソニーに次いで2位まで上がったが、世界のカメラ市場でキヤノン、ニコンなど日本の伝統的な強者に追い付くには力が及ばなかった。

サムスン電子は2013年末の組織改編で、デジタルイメージング事業部を無線事業部傘下に統合してイメージング事業チームとして再編し、蓄積してきた光学技術を、スマートフォンの独自機能を具現化するために使用した。現在のサムスン電子は、失敗したカメラ1位への挑戦に代えて、新たな目標に向かって走っている。「スマホカメラ時代」の核心部品であるイメージセンサーで世界1位の座に着くという目標だ。イメージセンサーはスマートフォンのカメラのレンズから入って来る光をデジタル信号に変換し、イメージとして作り上げる半導体だ。

サムスン電子は昨年8月、世界で初めて1億800万画素のモバイル向けイメージセンサー「アイソセルブライトHMX」を発表した。イメージセンサー市場をリードするソニーより先に「1億画素」の壁を破るという快挙だった。サムスン電子は当時、0.8マイクロメートル(100万分の1メートル=1000分の1ミリ)サイズのピクセルを適用したが、昨年5月に発表した6400万画素の製品よりも画素数が1.6倍以上増えた。

スポンサードリンク
サムスン電子は今年5月、DSLR(デジタル一眼レフカメラ)水準の超高速自動焦点機能を支援する5000万画素のモバイル向けイメージセンサー「アイソセルGN1」を発売した。先月には1億800万画素の「アイソセルHM2」など0.7マイクロメートルのモバイル向けイメージセンサー4種を発表し、超小型ピクセル時代の幕を開けた。0.8マイクロメートルに比べてイメージセンサーのサイズが最大15%小さくなり、スマートフォンのカメラ部分が出っ張る問題を解決することができる。最新のスマートフォンに求められるのが薄型デザインと高画素カメラという時代に、技術力で市場を開拓する戦略だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/28/2020102880264.html

2015-02-18-wa.jpg

画素数は画像の解像度であり、大きなサイズの写真が撮れるが、スマホの画面には限りがあるため、一定の画素数以上では大差なく見える。一方、一眼レフなどのカメラは画素数だけでなく、レンズや集光、焦点、感度なども写真に影響を与える。スマホのカメラ機能も同じため、画素数以外の機能の部分にも意識を向けることが大切。特に分解能はレンズの有口径で決まる。なのでいくら拡大しても分解能まで向上はしない。写真サイズを単に大きくできるだけでしかない。

なので画像処理ソフトと組み合わせて、確かに綺麗に撮影できるようになった。数十倍と言う超望遠レンズ並みの拡大まで可能にあったが、月のクレーターまで撮影出来るかと言えば、分解能において、有口径30㎜レンズ程度が必要となる。なので大きくは撮影できるが、クレーターまではスマホ単体では撮影できない。これは風景画像にも言えるわけで、画像処理技術により綺麗に写せてはいるが、分解能が上昇するという意味ではない。

関連記事

[ 2020年10月29日 09:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp