韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本製メモリーの反撃…キオクシア、NANDに1兆円投資

日本製メモリーの反撃…キオクシア、NANDに1兆円投資

日本の半導体メーカー、キオクシア(旧東芝メモリ)は三重県四日市市に1兆円を投資し、NAND型フラッシュメモリーの工場を新設することを決めた。最近韓国のSKハイニックスがインテルのNAND部門を10兆ウォンで買収し、世界シェアが逆転する危機に直面したキオクシアが攻撃的投資で活路を見いだそうとしていると分析されている。

日本経済新聞によると、キオクシアの新工場建設は次世代通信規格「5G」の本格普及に伴うメモリー需要の拡大に対応し、最先端のフラッシュメモリーの量産体制を整え、中韓勢の攻勢に対抗する狙いがある。 フラッシュメモリーは電源が切れても保存したデータが消えない非揮発性メモリーで、内部の回路形態によって、NAND型とNOR型に分かれる。キオクシアが注力する分野はNAND型フラッシュメモリーだ。 設備投資は米ウエスタンデジタル(WD)と共同で実施する。着工は2021年春を予定しており、22年内に稼働を見込む。建屋面積は合計で4万平方メートルと、キオクシアが稼働中の工場では最大規模になるという。四日市工場はキオクシアにとって、7番目のNAND型フラッシュメモリー生産拠点になる。

市場調査会社のトレンドフォースによると、今年4-6月の世界のNAND型フラッシュメモリー市場のシェアはサムスン電子が31.4%で首位、キオクシアが2位(17.2%)、WDが3位(15.5%)だ。SKハイニックスは4位だが、シェア11.5%のインテルNAND部門を買収すれば23.2%となり、サムスンに次ぐ2位に浮上する。

スポンサードリンク
業界はSKハイニックスに危機感を覚えたキオクシアが攻撃的な投資を通じ、反撃に出ているとみている。日経によると、キオクシアは10月に予定していた新規株式公開(IPO)を延期したばかりだが、競争力の維持に量産投資は欠かせないと判断した。岩手県北上市でもNAND型フラッシュメモリーの新工場を20年春に稼働させており、本格的な量産の準備を進めている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/30/2020103080004.html

2020-10-30-k001.jpg

半導体大手のキオクシアは、四日市工場にスマートフォンなどの電子機器の記録媒体「フラッシュメモリー」を製造する新工場を建設すると発表し、1兆円程度の設備投資になるとした。建屋の面積は約4万平方メートルで同社として最大規模となる。工期は2期に分け、1期分(約2万平方メートル)は2022年春に完成する。クラウドサービスや第5世代(5G)移動通信システムなどの普及によるメモリーの需要拡大に対応する。協業先の米ウエスタン・デジタル(WD)と共同で設備投資を行う。

米ウエスタンデジタル(WD)の1-3月(第3四半期)業績は、PC用SSDやデータセンター(DC)向け大容量HDDがけん引し、売上高が前年同期比14%増の41億7500万ドルとなった。また損益は、コストの増大やフラッシュメモリー価格の下落で赤字に陥った前年同期から全項目が黒字に回復している。 一方のキオクシアは、2020年から予定している96層3次元フラッシュメモリの生産を、岩手県北上工場 第1製造棟で今年後半に製造を開始する。

関連記事

[ 2020年10月30日 08:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp