韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  iPhone12の販売好調、2021年の出荷台数がiPhone6シリーズ超え予想も

iPhone12の販売好調、2021年の出荷台数がiPhone6シリーズ超え予想も

iPhone12に対する旺盛な需要に応えるために、Appleはサプライヤーに対して200万台の追加発注を行ったと中国メディアIT之家が報じています。同メディアによれば、2020年第4四半期(10月~12月)のiPhone12シリーズの出荷台数は8,000万台から8,500万台、2021年は2億3000万台から2億4000万台に達する見通しで、iPhone6シリーズが記録した2億2,400万台を上回る可能性があるとのことです。

2019年に発売されたiPhone11シリーズはiPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの3モデル合わせた第4四半期(10月~12月)の出荷台数が7,500万台でしたが、iPhone12とiPhone12 Proの2モデルだけでその実績を超える可能性があるとIT之家は予想しています。更に、iPhone12シリーズの2021年の出荷台数は2億3000万台から2億4000万台に達する見通しで、これは歴代最多出荷台数を記録したiPhone6シリーズの2億2,400万台をも上回る可能性があると、同メディアは報じています。

まもなくiPhone12 miniおよびiPhone12 Pro Maxの販売が始まることから、モデル別の人気が今後どのように推移するのかも注目されます。
https://news.livedoor.com/article/detail/19139594/

スポンサードリンク
2014-04-24-ap.jpg

Appleの新しい「iPhone 12」シリーズの予約注文が先週始まったが、予約開始直後の状況からは、好調な売れ行きがうかがえる。Appleを専門とする著名アナリストのMing-Chi Kuo氏は新しいレポートの中で、5G対応iPhone 12の予約注文数が、2019年の「iPhone 11」の2倍を上回っていると予測している。このレポートについて報じた9to5Macによると、Kuo氏は、予約注文数が「最初の24時間で170万~200万台の間に達した」と予測。Kuo氏の見積もりでは、iPhone 12の予約注文数はiPhone 11よりも増加しているものの、予約受付開始後の24時間で400万台売れた「iPhone 6」には遠く及ばないとしている。

2014年のiPhone 6発売時には、iPhone 6と「iPhone 6 Plus」が同時に発売されていた。それに対し、2020年は、iPhone 12と「iPhone 12 Pro」の予約受付が10月16日に始まり、両機種とも今週後半に発売される。さらに、より小型で手ごろな価格の「iPhone 12 mini」、そしてより大きく高額な「iPhone 12 Pro Max」は11月に予約注文の受付が始まる。 また中国市場でも好調だ。アップルにとって中国はアメリカに次ぐ2番目の市場で、2015年に発売されたiPhone 6までは、発売日は日本やアメリカ、オーストラリアより遅かった。同年は元高円安基調を追い風に、中国人訪日旅行者が炊飯ジャーや温水洗浄便座を爆買いし、日本の小売業が彼らの消費力認識した年だったが、iPhone 6も爆買い銘柄の一つに入っていた。 今年はどうなるのか注目が集まっている。

関連記事

[ 2020年10月30日 09:34 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp