韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代車訪問の文大統領「公共機関はすべて電気車・燃料電池車に、20兆ウォン投資」

現代車訪問の文大統領「公共機関はすべて電気車・燃料電池車に、20兆ウォン投資」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が30日、「政府は韓国版ニューディール10大事業に『エコ未来モビリティー』を選定した」とし「2025年まで電気自動車・燃料電池自動車などグリーンモビリティーに20兆ウォン(約1兆8300億円)以上を投資する計画」と明らかにした。

文大統領はこの日午前、韓国版ニューディールの7番目の現場としてエコ未来型自動車現場の現代車蔚山(ウルサン)工場を訪問し、「未来車産業トークコンサート」で「今後の5年間だ。世界的な激しい競争の中で5年間が未来型自動車市場をリードするゴールデンタイムになるだろう」と述べた。 文大統領は「未来型自動車は自動車産業の版図を完全に変えている。電気自動車企業のテスラがグローバル自動車企業を抜いて企業価値1位になった」とし「政府は2030年の未来型自動車競争力1位国家に向かって進んでいる」と強調した。

文大統領は「2025年までに電気自動車113万台、燃料電池車20万台を普及させ、北米、欧州、中国市場進出を促進する」とし「二次電池素材・部品・装備を年間売上高13兆ウォンの新産業に育成する」と話した。自動運転車については「2027年に世界で初めてレベル4の自動運転車を商用化する」とし「事業再編支援団を設置し、2030年までに1000の自動車部品会社が未来型自動車事業に転換するよう支援する」と約束した。

スポンサードリンク
続いて「携帯電話のようにいつでも便利に充電できるよう、電気自動車充電スタンドは2025年までにマンションや住宅など国民の生活拠点に計50万基、高速道路サービスエリアなど移動経路に1万5000基を供給する」とし「水素ステーションは首都圏を中心に来年上半期まで100カ所を完工し、2025年までに計450カ所を設置する計画」と説明した。さらに「遊休地の活用や経済性確保案など追加対策を用意した。インフラなしに増える未来型自動車に対応することはできない」とし「適時に完工できるよう関係部処の力量を総動員する」と約束した。
https://japanese.joins.com/JArticle/271776?servcode=200§code=200

2020-10-31-k001.jpg

文在寅大統領は30日、2025年までに電気自動車や水素燃料電池自動車などグリーンモビリティに20兆ウォン以上を投じるとした。文大統領は現代自動車の蔚山工場で、「世界的に競争が激しくなるなか、これからの5年が、未来型自動車を先取りするどうかの正念場になる。2022年を未来型自動車の普及の元年とし、2025年まで電気自動車113万台、水素燃料自動車20万台を普及させる。また2027年には世界で初めて自動運転レベル4の自動車を商用化する」と述べまている。

また、水素ステーションを首都圏を中心に来年上半期まで100か所、2025年まで合わせて450か所設置するとした。文大統領は28日の施政方針演説で「経済」という単語を43回も使い、新型コロナの感染防止だけでなく経済の再生についても強調したが、そのけん引役となるのが未来型自動車であることを明確にした。 一方で、文大統領は非常経済会議で、新型コロナウイルスの影響による企業の倒産を必ず防ぐとし、第1回会議で決定した50兆ウォン規模の非常金融措置を大幅に拡大し、100兆ウォン規模の『企業救護緊急資金』を投入するとしている。

カネの中い韓国政府の苦肉の策も夢物語となる可能性が高い。企業の資金難解消に向け、中小企業と中堅企業に29兆1000億ウォン規模の経営資金を追加で支援するとし、保証の提供を7兆9000億ウォンに拡大し、政策金融機関による融資支援も21兆2000億ウォン追加するとした。方法としては、債券市場安定ファンドを20兆ウォン規模で設立し、堅実な企業が金融市場の不安のせいで経験する一時的な資金難も解消するというが…。

関連記事

[ 2020年10月31日 09:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp