韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンエンジニアリング、メキシコから39億4000万ドル受注…歴代最高額

サムスンエンジニアリング、メキシコから39億4000万ドル受注…歴代最高額

サムスンエンジニアリングがメキシコから4兆5000億ウォン(約4135億円)に達する超大型プロジェクトを受注したと30日、公示した。単一プロジェクトでは創社以来最大の受注金額となる。この日、サムスンエンジニアリングは同社メキシコ法人が28日(現地時間)、メキシコ国営石油会社PEMEXの子会社PTI-IDから「ドス・ボガス(Dos Bocas)製油プロジェクト」パッケージ2、3の設計・調達・施工2段階に対する受注通知書(Letter Of Intent)を受け付けたと公示した。

6つのパッケージで構成されている今回のプロジェクトで、サムスンエンジニアリングはディーゼル受添脱硫設備など4つのユニットで構成された2番パッケージと、重質油触媒分解工程設備である3番パッケージのEPCを引き受ける。工期は39カ月だ。受注金額は4兆1000億ウォンだ。昨年からサムスンエンジニアリングが実行中の基本設計(FEED)と初期業務金額ま合算すると総受注金額は4兆5000億ウォンに達する。

サムスンエンジニアリングは「単一プロジェクトではサムスンエンジニアリング創社以来の最大受注額」と説明した。メキシコ東部タバスコ州ドス・ボカス地域で行われる今回のプロジェクトは一日34万バレルの原油生産設備を建設する事業だ。原油生産国だが精製施設不足で石油を輸入しているメキシコで国家的な関心が高い事業だ。

スポンサードリンク
サムスンエンジニアリングの受注残高は約16兆ウォンに増加した。昨年の売上(6兆4000億ウォン)基準で約2年4カ月分の仕事に該当するもので、2014年1-3月期末以降、最大値だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/271775?servcode=300§code=320

2020-10-31-k003.jpg

今年5月に、サムスンエンジニアリングがメキシコで進めている精油プロジェクトで、6000万ドル規模の追加契約を獲得したとしている。サムスンエンジニアリングは、メキシコ「ドスボカス精油プロジェクト」のパイル(Pile)工事契約を締結したとし、契約金額は約6000万ドル(約700億ウォン)規模。 この契約で累積契約金額も3億1000ドルに増えることになった。

パイル工事は平坦化作業が完了した地盤にパイルを打ち込むことで、これにより、高重量プラントユニットの荷重に耐えられるようになる。 今回の契約は設計が完了した一部のプラントユニットに対するパイル作業で、1万500つのパイルのうち、約4500つに対する工事を優先的に進めることになったとしている。

このプロジェクトは昨年8月、サムスンエンジニアリング・メキシコ法人がメキシコ国営石油会社のPEMEX社の子会社であるPTI-ID(PEMEX Transformacion Industrial Infraestructura de Desarrollo)から受注、進行中の事業となる。

関連記事

[ 2020年10月31日 09:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp