韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の免税店で外国人客1人当たりの購入額が過去最高に

韓国の免税店で外国人客1人当たりの購入額が過去最高に

中国メディアの「新聞撮影」は30日、韓国について、「9月の外国人1人当たりの免税品購入額が過去最高となった」とし、それを支えているのが中国の「代購」だと報じた。代購とは、いわゆる「ソーシャルバイヤー」のことで、売れ筋の商品を日本や韓国に自ら出向いて購入したり、日本や韓国から取り寄せたりするなどして、中国国内のネットショップやSNSで転売し、その際の手数料を収益にしている人のことだ。

記事はまず、韓国免税店協会の最新統計を取り上げ、韓国国内の免税店で外国人客1人当たりの購入額が8月に過去最高となったのに続き、9月は初めて2000万ウォンを超えて2108万ウォン(約195万円)となり2カ月連続で過去最高を更新したことを紹介した。その上で、新型コロナの影響で外国人客数が減る中、韓国で外国人1人当たりの免税品購入額が過去最高となったことについて、「韓国国内では、中国の代購の手柄だと伝えられている」とした。

記事は、「中国の代購が、韓国国内の免税店が販売を維持できる最も重要な力になっていると言っても決して大げさではない。長年、韓国国内の免税店は、中国の代購の最も一般的な商品調達先となっている」とし、「中国の代購は、韓国国内の免税店の収益の6割以上に貢献している」と伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/b818673-s0-c20-d0035.html

スポンサードリンク
2020-11-01-k003.jpg

韓国国内の免税店で先月、外国人客1人当たりの購入額が初めて2000万ウォン(約180万円)を超えた。国内免税店の9月の売上高は前月より約400億ウォン多い1兆4840億ウォンで、5カ月連続増となった。ただ、1年前と比べると3分の2水準にとどまる。9月の売上高のうち、外国人による売上高が1兆4409億ウォンで大半を占めたが、免税店利用客は韓国人(約35万8000人)が外国人(約6万6000人)の5倍以上だった。

外国人客数は減ったものの、外国人1人当たりの購入額は先月に2108万ウォンと初めて2000万ウォンを超えた。従来の最高額は前月8月の1843万ウォンだった。このことは、新型コロナの影響で海外旅行客が激減する中、免税店の売上高が本国での転売を目的にした中国人の「運び屋」に依存している現実を示している。中国人団体観光客の本格的な訪韓が行われていないにもかかわらず売り上げが好調なことについて聯合ニュースは、中国人の「運び屋」らによる「爆買い」のためだとの見方が出ているとし、中国内では韓国商品の需要が高く、中国人の運び屋らが免税品を大量に購入していると報じている。

関連記事

[ 2020年11月01日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp