韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  バイデン氏、同盟国軽視を批判 韓国・聯合に寄稿

バイデン氏、同盟国軽視を批判 韓国・聯合に寄稿

米大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領は29日、韓国の聯合ニュースに寄稿文を寄せた。米韓関係ついて「米軍撤収という無謀な脅しで韓国を揺するよりは、同盟を強めて共に立つ」と訴え、同盟国軽視の姿勢が目立ったトランプ大統領の政策を批判した。

11月3日の投開票を控え、約200万人とされる在米韓国人社会への支持を広げる狙いがあるようだ。寄稿では、移民家庭への支援策拡充や人種差別に反対する考えなどを強調している。バイデン氏が言及した「無謀な脅し」とは、トランプ政権による在韓米軍の駐留経費交渉を指すとみられる。

トランプ政権は2020年分の経費に関し、韓国政府に当初、前年比で5倍の支出を要求した。負担を定める米韓の特別協定は19年末に期限が切れたまま、いまだに合意していない。交渉に絡み、米国側が在韓米軍の縮小を検討しているとの報道も出ていた。

スポンサードリンク
バイデン氏は朝鮮半島への関与を巡り「原則に立脚した外交で、北朝鮮の非核化と朝鮮半島の統一に向かって進んでいく」とも指摘した。トランプ政権の新型コロナウイルス対策を批判し「リーダーシップの失敗は経済を失墜させ、多くの韓国系米国人の希望を粉々にした」と訴えた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65713380R31C20A0NNE000/

2020-11-02-k002.jpg

米国大統領選では、第1回テレビ討論での挑発的なやりとりが不発に終わり、自身のコロナ感染もあって、トランプ大統領の支持率は42.3%と、バイデン候補の51.5%に対して大きく水をあけられる展開となっている(10月13日現在、Real Clear Politics集計)。勝敗のカギを握る激戦州でも、選挙人の数が多いペンシルバニアでバイデン氏が優位を大きく広げ、もともとはトランプ有利とされてきたフロリダでも形勢は逆転しているようだ。

市場は早くもそうした民主圧勝(大統領、上院、下院の完全勝利)シナリオに沿って動き始めている。米国株の予想変動率を示すVIX指数、通称、恐怖指数も頭を押さえられており、このコーナーでたびたび触れてきた「選挙後の大混乱シナリオ」のリスクに対する警戒心は大いに薄れてきている。もっとも、本当に大混乱シナリオを回避できるのか、まだまだ安心はできない。今の民主党楽勝ムードは4年前の選挙直前情勢をどこか思い起こさせるものがある。また、劣勢に立たされたことで、熱烈なトランプ支持層は一層結束を強めるだろうし、トランプ大統領自身も最後までどんな手段でも講じようとするだろう。

個人的には、トランプが逆転勝利となるとみる。結局政治手法の悪いトランプとはいえ、損得計算のトランプと増税ありきのバイデンでは、雇用促進が増税では自国民支持となると最終的に説得性に欠ける。また現状のトランプは、年齢的にもまだ元気が良い。中国をにらみつつ、日本へすり寄る姿勢と韓国をドル箱としている。ただ大きな懸念は、朝鮮半島の軍事境界線を維持することをどちらの候補がより考慮し理解しているかによる。日本にとっての安全は38度線が維持されることが望ましい。バイデン有利としても、我が国にとっては、バイデンが日米同盟強化の理解と朝鮮半島の重要性をトランプより理解している事を祈りたい。

関連記事

[ 2020年11月02日 08:46 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp