韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朝日新聞「青瓦台、『日本企業が賠償応じれば、後に韓国政府が穴埋め』と打診」

朝日新聞「青瓦台、『日本企業が賠償応じれば、後に韓国政府が穴埋め』と打診」

朝日新聞は10月31日、韓国大法院の日帝徴用工問題を巡る判決に関連し、韓国政府が「日本企業が賠償に応じれば、後に韓国政府が全額を穴埋めする」という案を非公式に日本政府が打診したが、日本側が提案に乗らなかったと報じた。青瓦台関係者は1日、「事実無根だ」と否定した。

朝日は青瓦台の盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長を中心に徴用工問題の解決案を検討。大法院判決を尊重するとの文在寅(ムン・ジェイン)大統領の意向を踏まえ、今春に穴埋め案を打診したと伝えた。しかし、日本側は「企業の支出が補填(ほてん)されても、判決の履行には変わりなく、応じられない」と回答したとされる。朝日は「安易に韓国側の提案を受け入れれば、前例となって同様の訴訟を次々に起こされかねないとの懸念もある」と伝えた。

青瓦台は朝日の報道について、「事実無根」だと否定した。ただ、ソウルの外交筋は「大法院判決を履行する日本企業に実質的な損害が発生しないように、韓国側が後で補填する案がアイデアとして出たことは出たが、議論に進展はない状況だ」と述べた。

スポンサードリンク
陳重権(チン・ジュングォン)元東洋大教授は31日、フェイスブックを通じ、朝日の報道について、「土着倭寇(親日派)は青瓦台にいたのか」とし、「事実だとすれば大きな問題になる。青瓦台が国民をだまそうとしたことになる」と発言した。その上で、「竹槍を持って暴れようとしていたのに何をしているのか」と書き込んだ。徴用工への賠償問題と日本の輸出規制で韓日の対立が激しかった昨年7月、フェイスブックに「竹槍歌」(東学農民運動を素材とした歌)を掲載したチョ・グク青瓦台民情首席秘書官(当時)を皮肉った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/02/2020110280001.html

2020-10-27-k003.jpg

東亜日報は、韓国政府が『企業が賠償に応じれば、後に韓国政府が全額を穴埋めする』との案を非公式に日本政府に打診していたと報じている。同紙によると、大統領府は今年に入り、盧英敏(ノヨンミン)大統領秘書室長を中心に徴用工問題の解決案を検討。今春に穴埋め案を日本政府に打診したが、日本政府側は「企業の支出が補填されても、判決の履行には変わりなく、応じられない」と回答したという。

韓国大法院は2018年10月に日本製鉄(旧新日鉄住金)に、11月には三菱重工業に元徴用工らへの賠償を命じた。両社は支払いに応じず、韓国の裁判所は両社が韓国内に保有する株式や特許権などを差し押さえ、賠償にあてる現金化の手続きを進めている。菅政権となり、条約に徹する動きしかしないだろう。この点については安倍氏よりは菅首相のほうが徹底している。と言うかそれ以外の動きは出来ないのが現実。ウソつき韓国を信じること自体が菅政権支持率低下となるだけに、条約に徹し、韓国内の事をうのみにしない事である。

また現金化すれば、それ相当の対応を実施するだけの事である。韓国にとってはとどめ打ちとなりかねない。

関連記事

[ 2020年11月02日 09:08 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp