韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国の国産空母建造、米国でも「対日が目的」の見方

韓国の国産空母建造、米国でも「対日が目的」の見方

韓国が建造を決めた初の国産航空母艦は、果たして北朝鮮への対処だけが目的なのか。いや、実は日本に対する抑止や攻勢という戦略目的も含まれているのだ、という見解が米国で指摘されるようになった。まさかと思われる観測だが、韓国には実際に日本を脅威とみて海空軍の強化を図った過去の記録も存在するのだ。

韓国国防省は今年(2020年)8月に韓国としては初めてとなる航空母艦を2021年から建造すると発表した。同発表によると、この国産空母の建造は、2021年から2025年までの国防中期計画に組み込まれている。建造するのは3万トン級の「軽空母」の予定で「部隊や装備品、物資を輸送し、垂直離着陸が可能な戦闘機を運用することができる」としている。艦載用の戦闘機としては米国製のF35Bを予定しているという。 建造予算は艦載機分などを含めて17億5000万ドルほどに達し、実戦配備は2033年ごろになると予測されている。 F35Bは世界最高レベルの短距離離陸・垂直着陸の能力を有し、小型空母に搭載しての運用が可能とされる。F35Bを空母の艦載機とするのは、現時点では西太平洋で米国と日本だけであり、韓国の空母計画が予定どおりに実現すれば3番目の国となる。

この空母建設と配備の目的について、韓国国防省は「朝鮮半島付近の海域と遠海の海上交通路を保護するため」と述べている。

スポンサードリンク
韓国にとって最大かつ現実的な脅威である北朝鮮の軍事能力に対して、航空母艦が果たしてどこまで必要で有効なのかについては、韓国内でも議論が起きていた。 韓国にとって北朝鮮の脅威は基本的に地上戦力である。その戦力への抑止や反撃も、あくまで地上からが主体となる。そのため韓国の軍事専門家たちからは、「北朝鮮との有事で空母を必要とする度合いは低い」という意見が相次いでいる。vこうした状況について米国の外交・安全保障雑誌「ナショナル・インタレスト」の最新号が、米国の軍事専門家による「韓国の空母建設は、日本の海上戦力強化の野望による脅威への対処でもある」とする論文を掲載した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/cf9f94ba066eb6d4bbe4e74de10d27fbd857b945

2020-08-05-k002.jpg

単純に日本への対抗心以外無いと考える。常に日本へ対抗意識を強め維持してきた経緯を考慮すれば、軍事においても日本の真似をするだろう。だが技術力や管理能力に劣るために無駄な投資となる。税金の無駄使いと言う訳だ、既に税金不足となる韓国で、莫大な軍事費用を出すのは無理。不正でもしない限り資金源は無い。

なので現実的ではないが、韓国メディアなどで報じるネタとしては、大いに活用するだろう。今の韓国政府は負債増大で対応策が無いだけでなく、国家破綻が近づいている。なので日本へのメッセージは多数報じるが、現実実施できるかは難しいとみる。もっとも文政権時だけ良ければと言う意味では、文氏が強気に出る可能性はあるが、個人的には文氏の政権時に国家破綻の可能性もあるとみている。文氏が懸念していれば避けるだろう。

関連記事

[ 2020年11月05日 08:18 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
F-35Bの排気に耐えられる甲板
垂直排気によって短い距離で離着陸出来るF-35Bを搭載するには高温の排気に耐えうる甲板を造る必要がある。
韓国にこの技術が有るのか?
この計画の失敗が見えて来た。

[ 2020/11/05 13:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp