韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  コロナ、ストライキ…韓国GM「富平工場への投資を保留」

コロナ、ストライキ…韓国GM「富平工場への投資を保留」

韓国GMの労使が今年の賃金および団体交渉で激しく対立している。新型コロナなどで厳しい環境の中、労働組合が部分ストライキに入ると、使用者側は富平(プピョン)工場投資計画を保留すると宣言した。韓国GMは6日、「次世代グローバル新製品の生産のために予定していた富平工場投資費用の執行を保留し、原点から見直す」と明らかにした。韓国GMは米国本社のグローバル車両開発計画に基づき、2023年の生産を目標に新規SUVを富平工場に配分した。そして富平工場の稼働率を高めるために来年から1億9000万ドル(約200億円)規模の投資を準備してきた。

韓国GM社側が投資撤回カードまで取り出したのは、新型コロナで今年上半期に流動性危機を迎えた中、賃金団体交渉まで難航して労働組合がストに入ったからだ。韓国GMの労使は7月末から20回ほど交渉したが、富平第2工場の新規物量配分と賃上げなどについて合意点を見いだせなかった。労働組合は使用者側が提示した隔年賃金交渉案に強く反発している。全国民主労働組合総連盟(民主労総)金属労働組合の韓国GM支部は先月23日から特別勤務と残業を拒否している。また、1交代、2交代勤労者がそれぞれ4時間ずつ部分ストを続けている。

韓国GMは今年上半期、新型コロナの感染拡大で6万台以上の生産に支障が生じ、深刻な流動性危機を迎えた。現金確保のためにチーム長級以上の職員の賃金猶予など強力なコスト削減措置も取った。

スポンサードリンク
使用者側は労働組合の残業・特別勤務拒否や部分ストなどですでに7000台以上の生産損失が発生し、今後予定された部分ストまで考慮すると累積生産損失は1万2000台に増えると主張している。韓国GMの関係者は「昌原(チャンウォン)工場は債権者の産業銀行と約束した部分であり、追加の投資を履行しなければいけない」とし「しかし富平工場の投資の件は今回の交渉過程で出た提示案であり、労働組合が強硬姿勢を見せ、会社側も強硬な側面がある」と説明した。輸出量の調達に支障が生じ、費用は増え、また流動性危機が近づいているということだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/272024?servcode=300§code=320

2020-11-07-k002.jpg

労働組合のストライキで生産に支障を来している韓国GMが6日、「予定されていた富平工場の投資執行を保留して再検討する」と明らかにした。先月30日と今月2日に半分(組別に4時間)だけ働く部分ストを断行した労組が、再び三日間(6日、9日、10日)の部分ストを続けることから、会社側が「投資保留」という強い対応に出たものだ。賃金・団体協約の過程で労組に圧力を加えるための措置だと見られるが、GMが韓国から撤退する可能性があるという警告メッセージを投げかけたものではないかという解釈もある。

韓国GM側は「今年上半期は新型コロナウイルス流行などで6万台以上の生産損失が発生、深刻な現金流動性危機を経験したが、最近は労組の残業や時間外勤務拒否、部分ストなどで7000台以上のさらなる生産損失が発生し、今回の追加ストで累積生産損失は1万2000台に達すると見られ、流動性の状況が非常に悪くなっている」と伝えている。最近の労組のストで現金不足問題が悪化し、新規投資が不可能になったとの見方だ。また韓国GMのカハー・カゼム社長は、また生産に支障が発生したら、GMは韓国から去るしかないと発言している。

関連記事

[ 2020年11月07日 08:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp