韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本が大量のF-35を購入しながらステルス機を自主開発、米国を信用できなくなったか

日本が大量のF-35を購入しながらステルス機を自主開発、米国を信用できなくなったか

2020年11月5日、中国のポータルサイト・百度に「日本はなぜ大量のF-35を購入しながら、さらに自前のステルス戦闘機を開発しようとしているのか」とする記事が掲載された。以下はその概要。日本が米国から購入するF-35戦闘機の総数は100機を超えており、すべて納品されれば米国に次いでF-35を多く配備する国となることは間違いない。F-35の各種性能は非常に先進的で、今なお世界で唯一の現役第5世代艦載機であることから、多くの国が食指を伸ばしている。

ところが、思わぬことに日本はこれに飽き足りず、自前のステルス戦闘機開発のスケジュールを示した。日本の防衛省によると、F-Xと呼ばれる次世代戦闘機は米国のF-22に匹敵する能力を持ち、長らく就役しているF-2と置き換える計画だという。そして、F-Xプロジェクトは技術も経験もある三菱重工が請け負った。そこで多くの人が疑問に思っていることは「日本は先進的なステルス戦闘機を大量導入するのに、どうしてさらに時間とコストを費やして国産戦闘機を作ろうとしているのか」ということだ。ネットユーザーからは「日本による米国不信の表れ」との声さえ出ている。

知っての通り、日米関係は非常に複雑であり、各方面で協力を進める一方で、対立もますます多くなっている。そしてあまり知られていないが、米国は自らの絶対的優位を保つために、急速な発展を遂げる日本を押さえつけようとしたこともあったのだ。また、戦後は大量の米軍が日本に駐留し続けており、米軍が日本の安全を守る壁になっている一方で、日本の軍備拡大を監視し続けてきた。

スポンサードリンク
それゆえ多くの専門家は、日本が先進的なF-35を大量導入したとしても、米国製武器への過度の依存は避けるべきだと考え、より多くの主導権を自らの掌中に収めておくためにも、自前の戦闘機を作る必要があるとの認識を持っている。
https://www.recordchina.co.jp/b850480-s0-c10-d0135.html

2020-11-08-k001.jpg

米軍事メディア・ディフェンスニュースは、日本の防衛省が先ごろF-3と思われる新型ステルス戦闘機の製造計画表を政府に提出したと報じており、計画によればプロトタイプ初号機は2024年に製造を開始し、初飛行は28年、量産開始は31年度を予定していると伝えている。一方で、「米国が日本の戦闘機研究開発に対して制限をかけていることは明らかで、これまでにも日本が打ち出した自前の戦闘機開発が失敗に終わっていることから、F-3の開発についても日本単独で実施するのは非常に難しい」との見解を示している。

そして、これまで外国に一度も売却したことがないF-22を日本が執拗に欲しがる理由として記事は、「米国がF-22の代わりに日本に大量売却しようとしているF-35は空中戦能力が高くないローエンド製品であり、日本が求めている空中戦に強いステルス戦闘機はF-22を置いて他にないため」としている。仮に日本が自前のステルス戦闘機を開発する場合、日本は自国の必要に合った戦闘機を作る以前に、米国のニーズに合わせる必要があり、米国が同意しなければ開発は実現しないとも伝えている。

関連記事

[ 2020年11月08日 08:51 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp