韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国分離膜工場の稼動開始、SKイノベーション「グローバルバッテリー」への投資成果

中国分離膜工場の稼動開始、SKイノベーション「グローバルバッテリー」への投資成果

SKイノベーションの素材子会社であるSKアイイーテクノロジーの中国常州の分離膜工場が、本格稼動を開始した。SKアイイーテクノロジーの最初のグローバル海外生産拠点といえる。SKイノベーションは、中国で電気自動車バッテリーのコア素材である分離膜の生産拠点を拡大することで、世界最大の電気自動車市場である中国攻略に乗り出す計画だ。

10日、SKイノベーションによると、SKアイイーテクノロジーの中国常州の分離膜新工場は、年間3.4億平方メートルを生産できる。これは、31GW(ギガワット)規模の電気自動車バッテリーに供給できる水準だ。これにより、SKアイイーテクノロジーは、忠清北道曽坪(チュンチョンブクド・ジュンピョン)工場(5.3億平方メートル)を含めて、年間生産能力を8.7億平方メートルに高めることになった。SKアイイーテクノロジーは、中国のほか、欧州市場攻略のためにポーランドに計6.8億平方メートル規模の分離膜生産拠点を建設している。この工場は、来年第3四半期(7~9月)に本格的な稼動を開始する予定だ。

これにより、中国常州に7.5GWh(ギガワット時)規模のバッテリー工場があるSKイノベーションは、安定的な分離膜供給網を確保することになった。また、塩城に建設している10GWh規模のバッテリー工場が来年初めに本格稼動を開始すると、急成長している中国電気自動車市場の攻略に有利な足掛かりを確保できると見ている。分離膜は、陰極材、陽極材、電解液と一緒に電気自動車バッテリーの4大コア素材の一つだ。グローバルバッテリー業界では、今年の約41億平方メートルの分離膜市場規模が、2025年は約159億平方メートル規模へと4倍近く成長すると予想している。

スポンサードリンク
バッテリー業界の関係者は、「分離膜市場は、東レ、旭化成などの日本企業が事実上独占している」とし、「韓国で唯一分離膜を製造するSKアイイーテクノロジーが、2003年に分離膜開発に参入してから17年ぶりに有意味な成果を出している」と語った。SKアイイーテクノロジーのノ・ジェソク社長は、「世界最大の電気自動車市場である中国に生産拠点を設けて、グローバル分離膜市場での事業競争力を高めることができるようになった」と語った。SKアイイーテクノロジーは、2023年末まで計18.7億平方メートル規模の分離膜生産能力を備えて、グローバル市場で30%のシェア確保を目指している。
https://www.donga.com/jp/

2020-11-11-k001.jpg

リチウムイオン電池の大量生産国である韓国だが、陽極材、陰極材、電解液、分離膜などの4大核心素材のシェアは、依然として中国と日本に大きく差をつけられている。韓国電子新聞は、日本の矢野経済研究所が最近発表した資料を引用し、2018年のリチウムイオン電池の4大素材市場調査結果によると、韓国のシェアはまだ一桁にとどまっているという。バッテリーの性能に影響を与える重要な素材である陽極材のシェアは8.6%で、前年比小幅減少したが、バッテリーの寿命と充電時間に影響を与える負極材のシェアは6.0%に増加した。 電解液のシェアは7.7%を記録。 分離膜の市場シェアは8.5%で、前年と同様の水準。

韓国は小型バッテリー市場で世界1位、中大型電池の世界5位の競争力を持っているが、コア素材部分を海外メーカーに依存している。 陽極材の場合、日本の日亜、ベルギーユミコアなどから輸入し、陰極材は日本の三菱化学、中国BTRなどから調達する。 分離膜は、日本旭化成、東レなどから。電解液も三菱ケミカル、セントラルグラス、宇部興産など日本企業が供給元となる。日本の輸出管理強化以降、素材国産化の必要性が台頭。陽極材はエコプロビエム、エルエヌエフ、ポスコケミカルなど国内メーカーの供給量が増えており、各メーカーごとに内製化率引き上げている。

陰極材市場では、ポスコケミカルの比重が高まっている。 電解液はエンケム、トンファイテクなどがサプライチェーンに組み込まれた。 分離膜に関しては、SKイノベーションが世界湿式分離膜市場で2位の供給量になった。

関連記事

[ 2020年11月11日 08:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
SKのバッテリー萌えるよね?萌えてるよね?
[ 2020/11/11 10:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp