韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  康京和外相、米大統領選挙直後に敗者側と会談しに渡米するだなんて…

康京和外相、米大統領選挙直後に敗者側と会談しに渡米するだなんて…

康京和(カン・ギョンファ)外交部長官がポンペオ米国務長官と会談するため8日、米国に向けて出発した。実に不思議なタイミングだ。3日に行われた米大統領選挙の勝者が開票4日目にしてやっと決まった直後に、敗北した現職大統領側と会談しに米国まで飛ぶということだ。ほぼ内戦に近い選挙を経て、米国の権力がまったく反対の方向に移る瞬間である。バイデン政権の政策は、トランプ政権とほぼ正反対に動くと見ても過言ではないだろう。

それなのに、立ち去る準備を始めたポンペオ長官に会って何を相談しようというのか。ポンペオ長官は先月の日本訪問や東南アジア4カ国訪問の際、韓国を飛ばしていった。そんなポンペオ長官の退任が寂しくて、別れのあいさつでもしようというのか。

康京和長官側は、バイデン大統領当選者側の関係者にも会ってチャンネルを作る、と説明している。しかし、今まさに当選が確定し、外交安保ラインの骨格すらはっきりしていないバイデン氏側の関係者が、他国の外相に会うほど精神的な余裕があるのか疑わしい。しかも、トランプ大統領は票を盗まれたと主張して、承服していない。そのトランプ氏側と最後の公式協議をしようと飛んできた康京和長官を、バイデン氏側の人々はどのような目で見ることだろうか。

スポンサードリンク
康京和長官が突拍子もない時期に、突拍子もない所に行くのは今回に限ったことではない。2月末、韓国で新型コロナウイルス感染第1波が起こり、海外の空港から韓国人が強制送還されたり、収容施設に監禁されたりするなどの屈辱を受けている時に、康京和長官は明確な議題もない外相会談を行うとして英国に行ったものの、会えずに帰ってきた。韓半島(朝鮮半島)周辺4国の動きが目まぐるしかった昨年6月には、「遊覧船沈没事故が起きたハンガリーに行って、救助対策を話し合う」と飛んでいったこともあった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/09/2020110980056.html

2020-11-11-k002.jpg

康京和外交部長官が9日(現地時間)正午、ワシントンD.C.の米国務省庁舎で、マイク・ポンペオ国務長官と「昼食を兼ねた会談(ワーキングランチ)」をした。両者が2者対面会談をしたのは、今年1月にサンフランシスコで会ってから10カ月ぶりのことだ。しかし、この会談で康京和長官は「北朝鮮」と「新型コロナ」問題の解決を強調したのに対し、ポンペオ長官は「インド太平洋戦略」の推進を強調した。双方間の見解の違いが明らかになった。

韓国外務部長官が多国間会議でもない韓米長官会談を目的に単独訪米してワーキングランチだけを行ったことは一度もなかった。元駐米韓国大使は「今回の康京和長官の訪米と韓米長官会談日程がどれだけ無理やり推進されたのかがうかがわれる」と語っている。一部には「ポンペオ長官は先月の2度にわたるアジア歴訪で、大統領選挙期間中にもかかわらず日本やベトナムなどは訪問した一方、韓国は一度も訪れなかった。韓国を飛ばすという『コリア排除』論議が起こるや、康京和長官は急きょ訪米を推進したものだ。

関連記事

[ 2020年11月11日 09:03 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp