韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国人になじみの深いあの食材は日本のものだった!年間10億ウォンのロイヤルティー、韓国代替の動きも

韓国人になじみの深いあの食材は日本のものだった!年間10億ウォンのロイヤルティー、韓国代替の動きも

2020年11月13日、韓国のバラエティー番組でこのほど、韓国国民になじみの深い食材である「白色エノキ」の秘密が紹介され、ネット上で「不買運動」が起きている。今月5日に放送されたSBSのバラエティー番組「出会いの広場」では、韓国の品種である茶色エノキが紹介された。

番組によると、韓国で現在栽培されている茶色エノキの量はごくわずか。農業技術院関係者は「消費者に人気がないため栽培農家が徐々に減り、現在は5%ほどしか残っていない」と話した。茶色エノキを栽培している農民は「10世帯の農家と一緒に始めたが、今は2世帯しか残っていない」とし、「消費者は茶色エノキを見て『腐っている』と勘違いしており、その認識を変えるのは容易でない」と説明したという。

韓国で栽培されているエノキの95%以上が白色エノキで、そのうち75%が日本の品種となっている。番組では「日本に年間10億ウォン(約9400万円)以上のロイヤルティーが支払われている」との情報も紹介された。これを聞いた番組出演者からは「知らなかった」と驚く声や「韓国国民が茶色エノキを食べれば、輸出して海外からロイヤルティーがもらえるのに」と残念がる声が上がった。農業技術院関係者も「韓国が品種を開発して財産権を持つことは、自主的な競争力を持つという意味で重要だ」と話したという。

スポンサードリンク
この事実は韓国のネット上で大きな反響を呼んでおり、「知らなった。ショックな事実」「エノキ大好きなのに、まさか日本にロイヤルティーを払っていたとは…」「エノキを食べれば食べるほど日本がもうかるということ?日本製品不買運動中なのにこの事実は見逃せない」などの声が上がっている。 これを受け、韓国の大手スーパー「イーマート」は茶色エノキのテスト販売を開始。消費者の反応が良ければ本格的な商品化を始めるという。
https://www.recordchina.co.jp/b852689-s0-c30-d0058.html

2020-11-15-k001.jpg

アメリカで韓国産エノキタケを食べた後、食中毒症状を見せて4人が死亡したと、米NBCニュース、ABCニュースなどが報じている。中央日報によると、該当製品はカリフォルニアのSun Hong Foods)が「ENOKI MUSHROOMS(エノキタケ)」という名前で販売したもので、この会社はカリフォルニアやテキサス、オレゴン、ワシントン、イリノイ、フロリダ州でエノキタケを販売したという。米CDC(疾病対策センター)はアメリカで販売された一部の韓国産エノキタケがリステリア菌に汚染されたとして「絶対に食べないように」と警告している。

米国では、エノキダケを生で食べる習慣がある。特にリステリア菌は河川等にも存在している。栽培時にリストリア菌を含む水を使用すればリストリア菌が栽培したものに付着する可能性は高い。リステリア菌は摂氏70度以上で3~10分間加熱すれば死滅する。とはいえ、韓国産は危険が常に付きまとう。

関連記事

[ 2020年11月15日 08:30 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp