韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子の1~9月研究開発費 約1兆5千億円で過去最高更新

サムスン電子の1~9月研究開発費 約1兆5千億円で過去最高更新

韓国・サムスン電子の1月から9月の研究開発(R&D)費と国内社員数が過去最高を更新した。 サムスン電子が16日に公表した報告書によると、1月から9月のR&D費は15兆9000億ウォン(約1兆5004億円)で、前年同期に比べ約6000億ウォン増加した。

上半期(1~6月)のR&D費は10兆5851億で、約3カ月で5兆ウォン増えた。R&D費が売上高に占める割合は9.1%だった。 同社のR&D費は2017年16兆8000億ウォン、18年18兆7000億ウォン、19年20兆2000億ウォンと増加を続け、今年は年間でも過去最高を更新する見通しだ。R&D投資を通じて取得した特許の数は国内が4974件、米国が6321件など。同社は世界で計19万4643件の特許を保有しており、最も多いのは米国の7万5472件となっている。特に今年はスマートフォンやテレビのデザイン特許を米国で254件取得したと説明した。

今年の施設投資は7~9月期までに25兆5000億ウォンが投じられた。前年同期比52%増加した。 年間の施設投資は約35兆2000億ウォンに達すると予想された。同社の施設投資は17年43兆4000億ウォン、18年29兆ウォン、19年26兆ウォンと減り、今年30兆ウォン台に回復するものとみられる。

スポンサードリンク
国内社員数は(7~9月期時点)10万8998人で過去最多を記録した。昨年末から約3700人増加した。 同社の社員数は18年の1~3月期に10万人を突破し、その後、10万人を割り込んでいない。 一方、半導体大手SKハイニックスが16日に公表した報告書によると、同社の1月から9月のR&D費は2兆6281億ウォンで、前年同期より約3000億ウォン増加した。1月から9月までの累積では過去最大で、年末までこのペースが維持されれば、年間でも過去最大を更新することになる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/16/2020111680264.html

2020-08-15-k001.jpg

サムスンの研究開発組職及び運営は、韓国内では3層の研究開発組職を運営している。すなわち1~2年内に市場に投入する商品化技術を開発する各部門傘下の事業部開発チーム、3~5年後に有望となる中長期技術を開発する各部門の研究所、そして将来的に有望な核心要素技術を先行開発する総合技術院などにより、研究開発の構造を体系化している。

総合技術院は、将来を牽引する最先端技術の産室として設立されたサムスン電子の中央研究所として、将来における稼ぎ頭の可視化と主力事業の競争力強化など、全社的に有望な成長分野に対する研究開発の方向性を提示するR&D 体制を構築している。海外では、アメリカ(SISA、DTL)、イギリス(SERI)、ロシア(SMRC)、イスラエル(STRI、SIRC)、インド(SISO、SISC)、日本(SYRI)、中国(BST、SSCR、SCRC、 SGMC) などの地域に研究開発組職を運営し製品開発及び基礎技術研究などの研究活動を遂行している。

研究費は、2004年までおおよそ前年比約20%増の予算が立てられていたが、2005年度に前年比36%増となり、その後は微増で約5%、平均して約15%ほどの増加となっている。サムスングループに属する系列社は、2012年第 3四半期末現在、サムスングループに 79の国内系列社が存在するが、このうち上場企業は総17社であり非上場企業は 62社となる。
詳細はこちら https://kankoku-keizai.jp/blog-entry-44616.html

関連記事

[ 2020年11月17日 08:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp