韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  スパコン富岳が「世界一」連覇 再び4冠達成

スパコン富岳が「世界一」連覇 再び4冠達成

理化学研究所と富士通は16日、共同開発したスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」(神戸市)が計算速度を競う世界ランキング「TOP500」で世界一となり、前回の今年6月に続く連覇を達成したと発表した。

世界ランクは国際会議で約半年ごとに発表される。日本勢の連覇は、先代の「京(けい)」が2011年6月と同11月に世界一になって以来の快挙。 計算速度のほか、産業利用で用いる計算手法の性能、人工知能(AI)分野で使う計算性能、ビッグデータ解析の指標となる性能の3部門でも首位となり、世界初の4冠となった前回の地位を守り抜いた。

前回のランキングでは機材の搬入から間もなかったこともあってマシン全体を使えず、完成時の8割程度の計算速度で登録したが、今回は全てを使い、前回を上回る数値で4冠を達成した。
https://news.livedoor.com/article/detail/19233601/

スポンサードリンク
2020-11-17-k005.jpg

理研によると、単純な演算速度を競う部門「TOP500」で1秒間に44・2京(京は兆の1万倍)回の計算性能を示し、前回より約6%速くなった。実際のアプリケーション上での性能を競う「HPCG」、ビッグデータを扱う性能を争う「グラフ500」、人工知能(AI)を扱う「HPL―AI」――の3部門でも、前回から約19~45%スコアを伸ばし、2位以下の米国や中国のスパコンを突き放した。 

富岳は現在、試験運用中だが、今春以降、新型コロナウイルスの飛沫(ひまつ)のシミュレーション計算などで既に活用されている。理研は、21年度初めの本格運用を目指している。

関連記事

[ 2020年11月17日 09:21 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp