韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「リネージュの力」NC第3四半期の業績好調、年商2兆ウォンが目前に

「リネージュの力」NC第3四半期の業績好調、年商2兆ウォンが目前に

NCソフトが、四半期最大の売上を上げたモバイルゲーム「リネージュ」の人気に力づけられて、第3四半期(7~9月)に市場の予測値を上回る業績を上げた。史上初めて年間売上高が2兆ウォンを超えることが確実とみられる。16日、NCソフトは、連結財務諸表基準で第3四半期の売上高が前年同期比47%増の5852億ウォンを達成したと公示した。営業利益は、同期間69%増の2177億ウォンとなっている。

今年第3四半期までの累積業績は、売上高が1兆8548億ウォン、営業利益が6680億ウォンと暫定集計された。昨年1年間の売上高1兆7012億ウォンを3期ぶりに上回った。金融投資業界では、年間売上高の2兆ウォン達成は確定的であり、現在の年間営業利益の試算値は8000億~9000億ウォンだが、第4四半期(10~12月)によい業績を上げれば営業利益1兆ウォンの突破も可能だという期待も出ている。

モバイルゲームが3896億ウォンの売上を上げて、全体業績をリードした。代表作である複数で接続するオンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)リネージュMが、大規模なアップデートを通じて利用者を集めて、今年第2四半期(4~6月)より53%増の2452億ウォンの売上を上げた。リネージュMは今月現在、グーグルプレイストアで売上1位となっている。NCソフトのイ・チャンウクIR室長は、「リネージュMの売上高は、四半期ベースで2018年第1四半期(1~3月)以来最大だ」と説明した。他のモバイルゲーム「リネージュ2M」も、1445億ウォンの売上を上げて興行を続けた。

スポンサードリンク
リネージュやリネージュ2、アイオンなどのNCソフトのPCゲームも、前四半期より売上高が伸びた。特にリネージュの知識財産(IP)を活用したゲームの売上の割合が約78%を占めている。新型コロナウイルスの感染拡大でゲームユーザーが増加した影響を受けたものとみられる。NCソフトは、「第4四半期も既存のゲームの更新と新作ゲームを通じて売り上げが伸びると見られる」と語った。 NCソフトに先立って業績を発表したネクソン、ネットマーブルなどの大手ゲーム会社も第3四半期に良い成績を収めた。第3四半期に史上最大の売上を上げたネクソンは、年間売上高3兆ウォン突破を目前に控えている。
https://www.donga.com/jp/

2020-11-18-k002.jpg

日本は日本のモバイル収益の1/3をモバイルゲームが占めている。また日本は世界で3番目に大きいモバイルゲーム市場である。さらに日本のユーザーがアプリを使用する時間の47%をモバイルゲームが占めている。特に、「数独ゲーム」カテゴリーが急成長している。数字のパズルである「数独ゲーム」は、パズル好きの日本のモバイルユーザーに対してもともと訴求力が高かった中、2020年上半期は通常より多くの人の在宅時間が長くなり、さらにこの傾向が強まった可能性がある。

広告による収益化という観点から最も高収益なゲームカテゴリーは、「アクション」「アイドル」「ハイパーカジュアル」。2020年上半期は、多くのアクションゲームやアイドルゲームがハイブリッド収益化モデルの導入に成功している。これらのモデルでは、アプリ内課金とアプリ内広告の両方を用いて、課金ユーザーと非課金ユーザー双方からの収益を最大化している。広告による収益は拡大し続けており、モバイルゲームにおけるアプリ内広告は、少なくともアプリ内課金と同じくらい重要になることが予測される。

関連記事

[ 2020年11月18日 08:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp