韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車グループが、今後発売するヒュンダイ、起亜、ジェネシスの各モデルに NVIDIADRIVE のインフォテインメントおよびAI プラットフォームを採用

現代自動車グループが、今後発売するヒュンダイ、起亜、ジェネシスの各モデルに NVIDIADRIVE のインフォテインメントおよびAI プラットフォームを採用

2020 年 11 月 9 日 — NVIDIA と現代自動車グループは本日、同社のヒュンダイ、起亜、ジェネシスの各モデル全ラインナップについて、2022 年から NVIDIA DRIVE™ が車載インフォテインメント (IVI) システムに標準装備されることを発表しました。エントリーレベルからプレミアム車両までの全車両に、永続的に更新可能な、ソフトウェア定義の豊富な AI ユーザー エクスペリエンスが備わることになります。

近年の AI やアクセラレーテッド コンピューティングの進歩により、次世代の自動車やトラックでは購入後に、新しい機能や能力、強化された安全機能を追加できるようになります。将来の車両は、一元化されたソフトウェア定義のコンピューティング アーキテクチャにより、常に最新の AI コックピット機能を搭載することができるようになります。

現代自動車グループは、今後のモデルに高性能でエネルギー効率の高い NVIDIA DRIVE プラットフォームを標準装備することで、シームレスで継続的に強化される車載 AI ユーザー エクスペリエンスを実現できます。NVIDIA DRIVE には、ヒュンダイ、起亜、ジェネシスの IVI システムで、オーディオ、ビデオ、ナビゲーション、接続性や、AI で強化されたコネクテッド カー サービスを実現するハードウェアとソフトウェア スタックが含まれます。

スポンサードリンク
現代自動車グループのエレクトロニクス技術部門のシニア バイス プレジデントであるポール チュー (Paul Choo) 氏は、次のように述べています。「現代自動車グループでは、車両のライフタイム全体を通じて、価値、安全性、機能性、楽しさの向上を目指しています。NVIDIA DRIVE プラットフォームは、スケーラブルでエネルギー効率が高く、次世代のソフトウェア定義による車両をサポートする性能が備わっていることが、すでに実証されています。」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000176.000012662.html

2020-11-18-k005.jpg

現代自動車グループは 2015 年から NVIDIA と連携して最先端の車載インフォテインメント システムを NVIDIA DRIVE 上で開発しており、昨年はこのシステムをジェネシス GV80 および G80 モデルに採用しています。また、両社は 2021 年後半にリリース予定の高度なデジタル コックピットを共同開発している。セントラル化された高性能コンピューティング アーキテクチャにより、ソフトウェア定義の AI コックピット機能が実現されます。従来は、ラジオ局を変えたりエアコンの温度を変更したりといった基本的な機能を実行するために、車両インフォテインメントにはいくつもの電子制御ユニットとスイッチが必要でした。

これらのコンポーネントを NVIDIA DRIVE のソフトウェア定義AI プラットフォームと統合すると、アーキテクチャが簡素化され、それにより新しい機能を追加するためのコンピューティングのヘッドルームが増える。 またNVIDIAは、同社が開発してきた自動運転の仮想テスト環境「NVIDIA DRIVE Constellation」の供給には、トヨタ自動車も含まれており、トヨタの自動運転車がNVIDIA DRIVE Constellationを利用して開発されるとしている。

関連記事

[ 2020年11月18日 10:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp