韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  まだ確保もできていないのに…韓国統一相「北にワクチンを分けてあげよう」

まだ確保もできていないのに…韓国統一相「北にワクチンを分けてあげよう」

韓国統一部(省に相当)の李仁栄(イ・インヨン)長官が「コロナ・ワクチンを北朝鮮に支援しよう」と発言し、波紋が広がっている。ワクチンを確保するため世界各国が熾烈(しれつ)な「ワクチン外交」を続ける中、韓国政府は現時点で全く確保できていないにもかかわらず、北朝鮮への支援を先に性急に取り上げたからだ。北朝鮮も即座に外部からの支援に対する拒否反応を示し、また韓国国内からも批判の声が相次いでいる。

李長官は今月18日、KBS放送の「ニュース9」に出演した際「もし南北が(コロナ)治療剤とワクチンで互いに協力できれば、北朝鮮としてはコロナ防疫システムによって経済的な犠牲を甘受してきた部分から少し抜け出す契機をつくれると考えている」と述べた。李長官はさらに「(コロナ・ワクチンが)多少足りないとしても、足りないときに共に分け合うことが真の分かち合いだと思う」とも述べ、ワクチンを北朝鮮に支援することを提案した。

韓国政府はコロナ・ワクチンの確保に向け努力を続けているが、現時点で正式に確保できたものは全くなく、来年後半の予防接種開始を目指して交渉を続けているようだ。そのため需給に懸念が出ている今の状況において、今回の李長官の発言が出たことで、これがまた新たな問題を引き起こすと予想されている。日本の場合、フェーズ3段階(臨床試験段階)のコロナ・ワクチンをここ4カ月間で3億本以上確保したと伝えられている。

スポンサードリンク
李長官の発言が出た翌日の19日、北朝鮮の労働新聞は「なくても生きていける物資の故に、国境の外を眺めながら子供を殺すか、あるいは我慢して子供たちを生かすかという運命的な選択の前に立たされている」「祖国守護の精神で生きて闘争できないのであれば、祖国と人民の運命は恐ろしい病魔に籠絡される」と主張した。この報道が出た時期を考えると、李長官によるワクチン支援の提案を拒否したとも解釈できる反応だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/20/2020112080047.html

2020-11-21-k005.jpg

政界や学界からは李長官の発言について「不適切」との見方が相次いでいる。高麗大学の南成旭教授は「南北関係の現実と北朝鮮の状況をしっかりと把握できていない発言だ」と指摘している。保守系野党・国民の力のチャン・ジンヨン党協委員長はフェイスブックに「コロナ・ワクチン確保の実績を見ると、日本対韓国は3億対0だ。この渦中に北朝鮮の心配ばかりしているようでは、韓国国民については誰が心配するのか」と書き込んでいる。

元京畿道知事の金文珠氏は「李仁栄(全大協=全国大学生代表者協議会)初代議長の同志たちは、北朝鮮の人権など眼中にない状態で「確保もできていないワクチン」を上納することしか考えていない」と指摘している。何ともばかげた話でしかない。行動よりも、夢物語を先に言動する韓国である。理屈より、自国ワクチンの実現を加速する事である。

関連記事

[ 2020年11月21日 09:01 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp