韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国産ミサイルが視察中に大恥?原因は「悪天候のせい」

韓国産ミサイルが視察中に大恥?原因は「悪天候のせい」

2020年11月20日、韓国・YTNによると、京畿(キョンギ)道楊平(ヤンピョン)の陸軍総合訓練場で19日に対戦車誘導ミサイル「ヒョングン」の射撃訓練が行われたが、標的を大きく外れ、付近の田に着弾した。 記事によると、訓練は国産兵器の広報として、外国の軍幹部が視察する中で行われた。しかし、ミサイルは訓練場から1.5キロ離れた田に着弾。人命被害はなかったが、民家まで300メートルほどの地点だったという。

「ヒョングン」は2017年に最後の射撃試験に成功し、軍に配備された。軍の一部では、「ヒョングン」は熱追尾型だが、悪天候の中で誤作動が起きたものと推定しているという。軍当局は、事故調査が終わるまで射撃訓練を中止するとしている。韓国陸軍では今年5月にも、京畿道坡州(パジュ)市内の部隊で迫撃砲の射撃訓練中、砲弾が目標を約1キロ外れる事故が発生したばかり。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「やれやれ、みっともない」「悪天候でも正常に稼働させるのが技術なのに」「視察中に大恥をかいた」「近隣住民は怖いだろうな」「民家から300メートルじゃ、本当に大変なことになるところだった」「戦争も天気のいい日にしなきゃいけないね」「最近の軍隊はまるでボーイスカウトだな」「安保は風前の灯だ」「米国の手を放さないようにしないと」「開発費がかかるからって、1~2発のテストぐらいで配備するからこんなことになる」など、批判のコメントとあきれ声が殺到している。
https://www.recordchina.co.jp/b854851-s0-c10-d0144.html

スポンサードリンク
2020-11-25-k002.jpg

韓国が輸出を狙う国産ミサイルが19日、外国の軍幹部が視察する中、標的を大きく外れて、民家近くの田んぼに着弾しました。韓国メディアは「客の前で恥をさらした」などと報じている。韓国が開発した対戦車誘導ミサイル「ヒョングン」。数キロ先の戦車を貫通する威力をもっている。韓国メディアによると19日、ソウル近郊で行われた韓国陸軍の訓練で、この対戦車誘導ミサイルが標的を大きく外れ、およそ1.5キロ離れた民家近くの田んぼに着弾したという。

けが人はいませんでしたが、この訓練の様子は韓国から武器の導入を検討している中東の軍幹部らが視察していた。韓国メディアは「韓国産の武器に関心を持つ客の前で、陸軍は恥をさらした」と伝えており、部品の欠陥や操作ミスを含め、原因を調べている。

関連記事

[ 2020年11月25日 08:30 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp