韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「韓国製品が売れない日本で一体何が…」サムスンが日本市場で初のトップ3入り

「韓国製品が売れない日本で一体何が…」サムスンが日本市場で初のトップ3入り

2020年11月23日、韓国・ヘラルド経済は「韓国の携帯電話を冷遇する日本で一体何が…」と題する記事で、「日本の市場調査機関が今年の日本市場でサムスン電子の携帯電話が3位に浮上すると見通した」とし、「前例のない史上初のことだ」と伝えた。 記事はまず「メード・イン・コリア製品が冷遇される日本市場では、世界1位のサムスンの携帯電話でさえも苦戦を強いられてきた」と説明。その上で「ところが日本の市場調査機関MMRIは今年はサムスンが日本の携帯電話市場で3位に浮上すると予想した」と伝えている。

記事によると、MMRIは23日、20年度通期の日本の携帯電話の総出荷台数が前年度比0.6%増の3145万台になると予想した。メーカー別では米アップルが1位、シャープが2位、サムスンが3位になると見通した。サムスン電子が日本の携帯電話市場の出荷量基準で3位になるのは初めてのこと。MMRIは具体的な数値は明らかにしていないが、業界では「アップルが50%台のシェア率で不動の1位を守り、サムスンのシェア率も10%台に上がる」と予想しているという。 記事は「サムスンが日本市場でギャラクシーS20を始めとする多数の5Gスマホを発売したことがこうした成果につながった」と分析している。

業界関係者は「日本で韓国製品に対する好感度は非常に低い」としつつ「アップルとの差はやはり大きいが、3位に浮上したのは大きな意味がある」と話したという。

スポンサードリンク
これに韓国のネットユーザーからは「やっぱりスマホはサムスンが最高」「使えば分かる。韓国製品は良い。一度使ったらアップルには戻れないよ」など、サムスンの3位浮上に納得の声が寄せられている。一方で「日本に住む外国人が購入しただけ。日本人は絶対に使わないよ」「今回もまたサムスンのロゴを消して販売したのだろう」と指摘する声も。
https://www.recordchina.co.jp/b855233-s0-c20-d0058.html

2020-11-25-k003.jpg

スマホは日用品のひとつにまで一気に駆け上がった。それもあってか、所有感や高級感をプッシュする端末が増えている。また、手に持って操作するモノであるため、ファッションのひとつ、ステータスのひとつとして評価する動きもあり、手に持ってディスプレーを眺めるという特性上、どうしても気になるものがある。それがブランド名やメーカー名だ。

ロゴを含むと端末背面にもあり、わかりやすいものでは“docomo”となる。ディスプレー上部にデカデカと“Xi”のロゴがある。例えば、『Galaxy S6』にはドコモのロゴがあるのに対して、『Galaxy S6 edge』にはない。『Galaxy S6 edge』の場合、背面にドコモロゴが小さくプリントされているが、あまり気になるものではないし、シールなりジャケットなりで隠しやすい。またメーカーであるサムソンの文字もなしと、だいぶ割り切っている感がある。これは今でも同じで、サムスンと言う名称を隠し、TVでのCMも増加している事が背景にある様だ。

関連記事

[ 2020年11月25日 09:03 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp