韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「世界2位」のインド市場が再び活気づく、三星、LGが中国企業を猛追撃

「世界2位」のインド市場が再び活気づく、三星、LGが中国企業を猛追撃

中国に次いで世界第2位のスマートフォン市場であるインドが、新型コロナウイルス感染症の影響から急速に回復する様子を見せている。インドのスマートフォン市場は、中国企業が70%以上を占めて独走してきたが、最近、三星(サムスン)電子とLG電子が攻撃的なマーケティングで存在感を示している。

23日、市場調査機関・ストラテジー・アナリティクスによると、今年第3四半期(7〜9月)のインドでのスマートフォンの販売台数は計5240万台だった。これは第2四半期のスマートフォンの販売台数(1920万台)の2.7倍に相当する。韓国内のスマートフォン業界の関係者は、「ペントアップ(抑えられていた消費が爆発する現象)需要の影響で第3四半期の売上高が大幅に伸びた」とし、「新型コロナ以前のインド市場の成長に近いレベルまで回復したとみられる」と話した。今月、インド最大の祝日である「ディーワーリー祭」を前後に、各メーカーが積極的なマーケティングとオンラインでのスマートフォンの販売拡大に乗り出しており、第4四半期も大きな幅の成長が期待されている。

インドのスマートフォン市場は、年間1億5000万台の規模で、中国(昨年は3億6200万台)に次いで二番目に大きい。特にまだフィーチャーフォンを使う利用者が40%に達するなど、スマートフォンの普及率が低く、今後、成長の可能性が高い市場として挙げられる。今年上半期(1〜6月)の基準でシャオミを皮切りにビボ、オッポなどの中国スマートフォンメーカーのシェアが70%に迫るほど、中国が独走している市場だ。

スポンサードリンク
2020-11-25-k005.jpg

三星電子が2018年、シャオミにインドでのスマートフォンの1位を渡した当時の両社の年間出荷台数の差は970万台だった。この格差は、昨年1190万台に広がり、今年第1四半期もシャオミが980万台を販売する間、三星電子は500万台の販売にとどまった。vしかし、第2四半期に入って韓国企業が強気を見せ始めている。新型コロナの直撃により市場が半減する状況で、三星電子はシャオミとの販売格差を50万台に縮めた。市場が回復した第3四半期も、三星電子は1220万台を販売し、シャオミ(1320万台)との格差を100万台に減らした。三星電子が中低価格のラインナップを拡大した戦略が功を奏したうえ、インドと中国の間の国境紛争で「反中情緒」が高まっているからだという分析が出ている。
https://www.donga.com/jp/

インド東部ビシャカパトナムにある韓国LG系の「LGポリマーズ・インディア」の化学工場で7日未明、有毒ガスが漏れ、地元民放NDTVによると子供を含む13人が死亡、200人超が病院に搬送された。1000人超がガスの影響を受けた可能性があるといい、犠牲者は増える恐れがある。複数の地元メディアによれば、工場は、インド政府が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月末に開始した全土封鎖の影響で操業を停止。ヒンドゥスタン・タイムズ紙(電子版)は「40日以上の閉鎖を経て、7日から操業再開の準備をしていた」と報じた。当局が事故との関連を調べている。

事故は、7日午前2時半(日本時間同6時)ごろ発生。ガスの影響は、工場から半径3キロの範囲に及んだと報じられている。地元当局は「マスクなどで鼻と口を覆い、速やかに現場から離れるよう」ツイッターで住民に呼び掛けた。NDTVは、立っていた女性が膝から崩れ落ちそうになり、周辺の住民に支えられる姿を放映。「住民は、目が焼けるような感覚と呼吸困難を訴えた」という当局者の話を伝えた。 インドが中国に対し厳しい対応となる中での事故であるから、何ともタイミングが悪い。

関連記事

[ 2020年11月25日 09:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp