韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  対日貿易赤字が再び拡大の兆し 不買運動「下火」で=韓国

対日貿易赤字が再び拡大の兆し 不買運動「下火」で=韓国

日本による対韓輸出規制強化のあおりで昨年は16年ぶりの低水準に縮小した韓国の対日貿易赤字額が、再び拡大する兆しを見せている。輸出規制に反発して広がった日本製品の不買運動がこのところ下火になり、日本の消費財などの輸入が増えているためと分析される。

韓国貿易協会によると、韓国の今年1~10月の対日輸出額は前年同期比13.0%減の206億3000万ドル(約2兆1560億円)、対日輸入額は7.3%減の371億9000万ドルで、対日貿易収支は165億6000万ドルの赤字だった。赤字幅は前年同期(164億2000万ドル)に比べて拡大した。 韓国は2004年以降、日本との貿易で毎年200億~300億ドル規模の赤字を計上している。 だが、昨夏に日本が半導体・ディスプレー材料3品目に対する韓国向け輸出規制を強化し、日本製品の輸入も大きく減ったため、昨年の貿易赤字額は03年以来の低水準の191億6000万ドルとなった。

こうした傾向は今年上半期まで続いたが、下半期に入ると日本向け輸出の減少幅は拡大した半面、日本からの輸入の減少幅は鈍化し、貿易赤字が拡大した。 対日輸出額の増減率は今年3月の0.1%増から4月には3.0%減に転じ、6月は10.2%減、7月は11.9%減、8月は13.0%減、9月は12.4%減、10月は13.0%減と2桁の減少率が続いた。

スポンサードリンク
一方、日本からの輸入額の増減率は今年1月の21.9%減から7~8月が9.6%減、9月が8.6%減、10月が7.3%減と、減少率が縮小した。 不買運動のターゲットとなった日本の消費財の輸入には回復の兆しが見える。日本の財務省が発表した10月の貿易統計で、日本の韓国向け自動車輸出は前年同月比90%増加した。 今月13日には、カジュアル衣料品店のユニクロが海外の有名デザイナーとコラボした新商品を売り出し、一部の店舗に多くの客が詰め掛けた。最近は日本のビールメーカーもコンビニエンスストアや大型スーパーへの卸値を下げるなどして韓国市場を取り戻そうと努めている。 業界は、韓日など15カ国が署名した東アジア地域包括的経済連携(RCEP)が来年発効すれば、日本との貿易規模も徐々に拡大するとみている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/26/2020112680003.html

2020-11-26-k003.jpg

2019年度 ~ 機械類の輸出減を主因に、貿易収支の赤字幅が約 3 兆円まで拡大
輸出総額は前年度比 5.0%減の 76 兆 6,720 億円となる。内訳は、輸出数量が同 3.1%減少、輸出価格が同2.0%低下。製造業を中心とした世界経済の減速、とりわけ米中貿易摩擦などによる先行き不透明感の強まりを受けた設備投資抑制が、主に機械類(一般機械、電気機器、輸送用機器)の輸出を下押し。輸入総額は前年度比 3.2%減の 79 兆 7,090 億円となる。内訳は、輸入数量が同 0.5%増加、輸入価格が同3.8%低下。素材製品を中心に数量の増勢が弱まる。加えて、原油価格の下落が全体の 2 割強を占める鉱物性燃料の輸入を下押し。この結果、貿易収支は 3 兆 360 億円の赤字と、赤字幅が前年度の 1 兆 5,950 億円から拡大する。

2020年度 ~ IT サイクルの調整一巡、高付加価値品の輸出増などで、貿易赤字はほぼ半減
輸出総額は前年度比 3.1%増の 79 兆 220 億円となる。輸出数量が同 0.9%増加、輸出価格が同 2.1%上昇。IT サイクル(電子部品をはじめとした IT 関連財の需要の波)の下降に歯止めがかかることや、日本製の高付加価値品へのニーズの高まりが、機械類などの輸出を価格・数量の両面で押し上げる。輸入総額は前年度比 0.9%増の 80 兆 4,230 億円となる。輸入数量が同 0.3%増加、輸入価格が同 0.6%上昇。東京五輪や5Gサービス開始が音響映像機器や通信機などの需要を喚起し、輸入を押し上げ。商品市況の安定も輸入減の歯止め役に。もっとも、国内需要全体では低迷が続くなかで、数量の伸びはさらに鈍化。この結果、貿易収支は 3 年連続の赤字となるが、赤字幅は 1 兆 4,010 億円まで縮小する。

2019年度 ~経常収支は 2 年連続で黒字縮小も、サービス収支や所得収支は改善
経常収支は 18 兆 6,030 億円の黒字となる。貿易収支の悪化により、黒字幅が 2 年連続で縮小する。ただし、訪日外国人の増加基調が維持されるなか、サービス収支の赤字幅(5,350 億円)は縮小。また、対外資産の積み上がりを主因に、第一次所得収支の黒字幅(21 兆 5,120 億円)は過去最大に。

2020年度 ~ 貿易収支の改善を主因に、経常収支の黒字幅は 3 年ぶりに 20 兆円台へ
経常収支は 20 兆 6,080 億円の黒字となる。第一次所得収支の黒字幅(21 兆 7,050 億円)が過去最大を更新するもとで、貿易収支が改善(国際収支統計ベースでは黒字に)。また、東京五輪に伴うインバウンド効果などから、サービス収支の赤字幅(2,410 億円)が過去最小になることも経常黒字の拡大に寄与。

日韓貿易収支においては、日本企業頼みの構図は変わりがない。貿易収支はばらつき範囲内程度であり、今後も維持されるとみる。

関連記事

[ 2020年11月26日 09:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp