韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代・起亜の電気自動車輸出10万台超えるか…1年で71%増加

現代・起亜の電気自動車輸出10万台超えるか…1年で71%増加

現代・起亜自動車が今年電気自動車輸出10万台の達成を目前に控えている。昨年より70%以上増えた。現代・起亜自動車が26日に明らかにしたところによると、今年に入り先月までに輸出した電気自動車は9万8505台となった。前年同期の5万7517台から71.3%拡大した。

現代自動車の「コナ」が牽引した。コナの輸出が4万1384台で最も多かった。昨年の2万6922台と比較して53.7%増えた。起亜自動車「ニロ」は3万8299台輸出され210.5%増加し、「ソウル」は8244台が輸出され50.4%増えた。来年に電気自動車専用ブランドへの転換を控えている現代自動車「アイオニック」の今年の輸出台数は1万578台で17.2%減った。

現代・起亜自動車の電気自動車輸出増加は欧州連合(EU)の環境規制で電気自動車需要が増えたためと解説される。EUは今年から自動車の二酸化炭素排出量を1キロメートル走行時当たり95グラムに制限した。自動車産業協会統計によると今年に入りEU地域に輸出された電気自動車は7万2392台で輸出全体の70.3%を占めた。

スポンサードリンク
EVセールスが集計した現代・起亜自動車の7-9月期の電気自動車の世界シェアは7%となった。テスラ、フォルクスワーゲン、ルノー・日産、上海自動車に続く5位となった。
https://japanese.joins.com/JArticle/272707?servcode=300§code=320

2020-11-26-k006.jpg

世界の電気自動車(EV)の販売台数データをまとめたウェブサイト「EV Sales」が6月30日に公表したデータによると、2020年5月の全世界におけるEV販売台数は前月比約31%増の14万4600台。そのうち、電気だけで走行できる純電気自動車(BEV)が67%を占め、BEVの販売台数は前年同月比で28%減少した。また、2020年1月から5月にかけての全世界におけるEVの累計販売台数は前年同期比14%減の71万8000台だった。

メーカー別のランキングに関して、単月の販売台数は米テスラ(Tesla)が前月に続いて5月も1位に輝いた。テスラの同月の販売台数は2万4607台でシェアは約18%。これは、2位で1万281台を販売した中国「比亜迪(BYD)」の倍以上となる。2020年1月から5月にかけての累計販売台数ランキングでは、1位のテスラに続いて2位から4位にBMW、フォルクスワーゲン(Volkswagen)、比亜迪が入っており、この3社の販売台数はほぼ拮抗している。また、この5月で、アウディ(Audi)が2つ順位を上げて6位となり、広州汽車(GAC)は14位にアップ。中国新興EVメーカー「蔚来汽車(NIO)」は今回初めてランキング入りし18位となった。

関連記事

[ 2020年11月26日 09:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp