韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領と中国外相の会談で“気まずい”ハプニング

文大統領と中国外相の会談で“気まずい”ハプニング

2020年11月26日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相の会談で起きたあるハプニングが韓国のネット上で話題となっている。

韓国・ニューシスによると、訪韓中の王外相は同日午後4時から韓国大統領府で文大統領と会談した。会談前に行われた記念撮影の際、文大統領は新型コロナウイルス対策のため握手の代わりに握ったこぶしを突き合わせる「グータッチ」をしようと王外相に向かってこぶしを突き出した。しかし王外相は、正式な握手を考えていたのか「パー」の形で手を差し出した。文大統領と王外相がまるでじゃんけんをしているような状況となり、一瞬「気まずい」雰囲気が漂ったという。

文大統領は思わず笑顔をこぼし、手を広げた。すると王外相は安心した様子で文大統領の手をつかんだという。ただその際、王外相の左手は文大統領の右腕に添えられていたという。 王外相は17年12月、文大統領の就任後初となる中国訪問時に行われた歓迎会で「外交欠礼」問題を起こしていた。王外相は文大統領とあいさつを交わす際、文大統領の左腕を軽くたたいた。長官級が相手国の首脳の腕を触ることは明らかな「欠礼」に当たる上、王外相は同年7月にドイツで行われたG20首脳会議でも文大統領の腕を強くたたいて物議を醸していたため、韓国では「意図的ではないか」と批判の声が上がったという。
https://www.recordchina.co.jp/b856511-s0-c10-d0058.html

スポンサードリンク
2020-11-27-k001.jpg

韓国の文在寅政権は、北朝鮮や日本との関係改善が思うように進まない中、中国の習近平国家主席の訪韓を外交的成果にすることに賭けてきた。だが、今回訪韓した王毅国務委員兼外相からも習氏の訪韓確定という望み通りの答えは引き出せなかった。「皆、マスクをしているではないか」。王氏は26日、習氏の訪韓について問う記者団に対してこう述べ、環境が整っていないとの認識を示した。その上で、習氏訪韓の条件として、新型コロナウイルスの「完全な制御」を挙げた。訪韓のハードルを上げ、韓国側の一層の譲歩を促す狙いもうかがえる。

また、文大統領が最重視する北朝鮮との対話は長らく滞ったままで、文政権や与党は、来夏の東京五輪での南北融和の演出に望みを託すが、いわゆる徴用工訴訟での判決問題が日本との関係改善の障害となっているため、外交的成果を期待できるのは対中関係ぐらいだ。 王氏は米中対立に絡む記者団の質問に「世界に米国だけがあるわけではない」と指摘し、「隣人」としての中韓の頻繁な往来とともに、「戦略的な協力パートナー」としての中韓各方面での協力の必要性を強調した。米国に寄りすぎるな-と韓国にクギを刺す役目は果たしたようだ。

関連記事

[ 2020年11月28日 08:57 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp