韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  たまるコロナ借金…金融支援が250兆ウォンを超える

たまるコロナ借金…金融支援が250兆ウォンを超える

新型コロナウイルス感染症によって被害を受けた小商工人、中小企業等に対する金融支援が250兆ウォンを超えている。新型コロナ発の景気低迷が長期化しており、支援金が「不良爆弾」になりかねないという懸念が出ている。

29日、金融委員会によると、今月20日まで新型コロナ禍で被害を受けた中小企業、小商工人、個人債務者に投入した金融支援は250兆9000億ウォンとなっている。銀行や貯蓄銀行などから出た新規融資と満期延長が198兆3000億ウォンであり、残りは政策金融機関を通じた保証支援だ。

金融当局は、コロナ禍の直撃を受けた限界企業や自営業者などを支援するために、様々な金融支援策を打ち出している。小商工人に低金利で流動資金を貸す緊急融資、中小・中堅企業向けの優遇融資などが代表的といえる。被害の大きい中小企業、小商工人はもとより、個人債務者に対しても、来年6月まで融資の元金返済を猶予している。

スポンサードリンク
しかし、新型コロナの衝撃が長引き、このような支援は金融機関の不良につながるという懸念が高い。特に、来年初めから順次、融資満期延長、借金返済猶予などの措置が完了すれば、潜在的不良が一度に爆発しかねないという指摘が多い。都市銀行が融資不良に備えて貯めておいた金(貸倒引当金)は、1年間で1兆ウォン以上増えた。世界的な信用格付け会社・ムーディーズは27日、韓国銀行の健全性悪化の可能性を理由に、来年の信用格付けの見通しを「ネガティブ」に見ている。
https://www.donga.com/jp/

2013-11-20-wa.jpg

新型コロナ「借金請求書」が積もっている。新型コロナウイルス感染症で被害が発生した中小企業や個人債務者に対する金融支援規模が250兆ウォン(約23兆円)を超えた。政策を戻した際に負債が返済されず金融業界の時限爆弾になるという懸念が強まっている。29日の金融当局によると、金融業界が2月7日から今月20日まで新型コロナ事態で被害が生じた中小企業・個人事業者などのために執行した金融支援規模は計235万9000件、250兆9000億ウォンにのぼる。新規貸出が88兆1000億ウォン、満期延長が110兆2000億ウォンで、残りの52兆7000億ウォンは保証支援だ。

問題は新型コロナの衝撃が予想以上に長くなり、こうした支援が不良債権化する可能性が高い点にある。中小企業や個人債務者の貸出満期を一時的に延長したが、猶予期間が終われば元利金を償還しなければならない。この過程で返済できない個人や企業が増え、金融機関が同時に不健全化するおそれがある。さらに金融業界は最近、政府の政策に歩調を合わせて信用貸付の管理に入った状況。高信用・高所得者などへの貸出規模を減らさなければいけない状況で、リスクが高い債権を抱えるのは金融機関の健全性にマイナスの影響を及ぼす。

関連記事

[ 2020年11月30日 09:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp