韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国産レアアース高騰、米国の爆買い後、日本も動く

中国産レアアース高騰、米国の爆買い後、日本も動く

2020年12月1日、中国メディア・金十数据は、中国のレアアース価格が急騰しており、急騰を見込んだ日本や米国が事前に買いだめに走ったとする記事を掲載した。 記事は、最近レアアースの多くの品種で価格が高値を付けており、軽レアアース品種であるネオジム・ジスプロシウム金属の11月の平均オファー価格が1トン当たり55万5000元(約890万円)で、この3年で最も高い値が付いたほか、重金属品種の酸化テルビウムも1キロ当たり6175元(約9万8000円)と、8年来の高値となったと伝えた。

そして、レアアース価格高騰の背景には、中国国内の需要増、海外の市場経済活動の回復による需要増があるとし、特にレアアース材料が用いられる新エネルギー自動車業界の生産回復による需要の高まりが目立っていると解説。中国自動車工業協会のデータでは、新エネ車の生産台数が前年同期比94.1%増の16万5000台に上ったと紹介している。 また、今年に入ってレアアースの輸出量が減り続けており、10月には前年同期比37%減に達したことも要因の一つとして指摘。さらに、12月1日に施行された中国の輸出管理法によってレアアース供給がさらに減るとの予測が高まったことも、レアアース価格のさらなる上昇を引き起こしたと解説した。

記事はその上で、中国のレアアース価格の変動に世界のバイヤーが注視しており、日本や米国では事前に「買いだめ」をする動きが相次いでいると紹介。日本メディアの報道として、多くの日本の輸入業者が12月1日の同法施行を見据えて、事前に向こう6~12か月のレアアース予約買い付け量を増やしたと伝えた。

スポンサードリンク
また、米国はさらに前の段階から行動を起こしていたとし、今年9月に米国が中国から購入したレアアース磁石が480トンを超え、単月の数値として4年来の最高水準を記録したことを伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/b857634-s0-c20-d0135.html

2020-12-03-k003.jpg

レアアースは、31 鉱種あるレアメタルの一種であり、スカンジウム(Sc)、イットリウム(Y)に「ランタノイド」と総称される 15 元素を加えた 17種類の元素(稀土類)の総称であり、民生及び軍事の先端科学技術分野において活用される資源である。レアアースの鉱床は世界各地に分布しており、資源や鉱床が大きく偏在しているわけではなく、経済的に採取可能なのが「レア(稀)」である。レアアースの埋蔵量は、「鉱産物概要 2014」から、2013年における経済的に採掘可能な埋蔵量は全世界に約 14,000 万 t が存在し、そのうち、中国の埋蔵量は 39.3%の 5,500 万 t である。

中国に続くのはブラジルの 15.7%(2,200 万 t)、米国の 9.3%(1,300 万 t)である。また、ロシアを含む「その他」は 32%(4,477 万 t)であり、埋蔵量は必ずしも中国に一極集中しているわけではない。しかし、2013 年における中国の生産量は 10 万 t、これは同年の世界総生産量の 89.5%を占めており、中国が世界最大の生産国であることが理解できる。1980 年代中盤までは米国とオーストラリアが主要な生産国であったが、1980 年代後半になると中国が急激に生産を拡大し、低価格で大量のレアアースを輸出するようになった15。中国以外の地域におけるレアアース鉱山の多くは、中国の鉱山との価格競争が困難となったこと、また、放射性物質等の環境対策コストが増大したことも大きな要因となり、中国への生産の一極集中が進み 1990 年代末には、中国が世界のレアアース生産を独占する結果となった。

一方、欧米の後手に回ることが多かった日本の資源戦略で、地味ながらも成功といってよい事例がある。ハイブリッド車のモーターなどに使われてきたレアアース(希土類)の代替材料の開発だ。数年前まで大半を中国からの輸入に頼ってきたが、日本の官民を挙げた技術開発が奏功し、2015年からの輸入依存は大幅に減っている。米国や欧州、中国も日本のまねをし始めた。日本発のレアアース代替戦略の先見性を物語っていた。 がしかし現状では様々な産業におけるトータルで見れば、中国依存度はいまだ高い状態にあるのは事実。 今後は、高性能磁石に不可欠だったジスプロシウムの代替技術の加速と、日立金属と物質・材料研究機構がネオジム銅合金を使い、高い磁力を保つ新技術の継続。ジスプロシウムが要らない高性能磁石を先駆けて実現の加速は不可欠。

関連記事

[ 2020年12月03日 09:14 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp