韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  一度の充電で500キロ走行…現代車「電気自動車100万台の夢」スタート

一度の充電で500キロ走行…現代車「電気自動車100万台の夢」スタート

現代車グループが電気自動車100万台時代に向かって「スタート」ボタンを押した。現代車は2日、ユーチューブを通じて、次世代電気自動車専用プラットホーム「E-GMP」(Electric-Global Modular Platform)を公開した。4年かけて開発したE-GMPは、セダンとSUVのほか商用車にも適用でき、現代・起亜車の「グローバル電気自動車3位」挑戦の土台となる。

E-GMPは従来の内燃機関の車を基盤とした電気自動車とは全く異なる構造で設計された。現代車グループ車両アーキテクチャーインテグレーション室のコ・ヨンウン常務は「エンジンがなくなった空間に駆動モーターを低く配置し、バッテリーを車体の下段に低く敷いた」とし「前後の重量配分と低重心設計を通じて一段階高い旋回機能と安定した高速走行が可能」と説明した。また、モーター・減速機・インバーターなどPE(Power Eloctric)システムを一つにまとめて空間の活用性をさらに高めた。

こうした技術の進展でE-GMPを採用した電気自動車は一度の充電で500キロ以上を走行できると、現代車は伝えた。充電時間も「理論的に2倍」速くなった。従来の400Vではなく800Vの超高速システムを通じて18分で80%まで充電でき、5分の充電で100キロ走行が可能だ。特に現代車は別途の装置なく従来の400V充電器を昇圧して充電できる「マルチ急速充電システム」を世界で初めて公開した。 また、E-GMPはモジュール化と標準化を通じて製造工程を単純化した。これを通じて短期間に電気自動車ラインナップを増やすことができる。現代車電動化開発室のチョン・ジンファン常務は「モジュール化を通じてバッテリー部品数を40%、総部品数を60%減らした」と説明した。

スポンサードリンク
車両外部からも自由に電気を供給できる「V2L(Vehicle to Load)」も目を引く。「車中泊」をする場合、車のエネルギーを家電製品に使用できるなど消費者に進歩したモビリティー経験を提供する計画だ。現代車は来年上半期に出すアイオニック5にE-GMPを初めて採用する。近いうちに無線充電技術も導入される見通しだ。チョン・ジンファン常務は「無線充電技術が開発されている。時期は確実でないが装着する予定」と話した。 グローバル電気自動車1位のテスラと2位のフォルクスワーゲンはすでに専用プラットホームの電気自動車を販売している。現代車のE-GMPはやや遅れたが、この日の発表で表れた技術リーダーシップはグローバル競争力を確保したという評価だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/272961?servcode=300§code=320

2020-12-03-k007.jpg

SKイノベーションは2019年内に、一度の充電で最長で500キロまで安定して走行できる高性能電気自動車のバッテリーを世界で初めて開発し、早ければ2021年から商用化するという抱負を明らかにしている。また、2025年までにバッテリーの生産規模を現在の20倍以上に拡大するとした。積極的な投資と技術開発を通じて、2025年に世界の電気自動車バッテリー市場で3位に跳躍するという目標を立てている。

次世代電気自動車のバッテリーは、陽極材として使われる原材料のうちニッケルが90%、コバルトとマンガンが5%ずつ入る「NCM 91/21/2」だ。ニッケルの含有量が高いほどエネルギーの密度が高くなり、1回の充電でより長い距離を走行できるが、安定性を確保するためには高難度の技術が必要だ。現在、電気自動車のバッテリー市場では、ニッケルの割合がそれぞれ50~60%である製品が主力で、一度の充電で最大300キロ走行できる。

ニッケル含有量が80%であるNCM811は、SKイノベーションとLG化学、三星SDIなど韓国国内企業に次いで、世界第1位(出荷量基準)の電気自動車バッテリーメーカーである中国CATLも、先月量産計画を発表した。業界では、電気自動車のバッテリー市場で、大規模な政府補助金に支えられている中国業界と技術格差を維持しようとする韓国企業との対決が強まると予想している。

一方、E-GMPには充電時間を短縮するための800V高圧充電システムと多様な充電インフラを利用できるように400V・800Vマルチ急速充電システムが適用されている。まだ、大多数の急速充電インフラは400V充電システムを備えた電気自動車のための50~150kW級の充電器がほとんどだが、最近は800V高圧充電システムを備えた電気自動車のための350kW級の超高速充電インフラが設置されている。現代自グループはこのような傾向に合わせ、国内の場合、韓国道路公社と「エコ車充電インフラ構築協約」を結び、全国12の高速道路休憩所に350kW級の充電器を設置するなど超高速充電機インフラを迅速に確保していく計画だ。

関連記事

[ 2020年12月03日 09:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp