韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ニコラに泣き、ナノックスに笑う…悲喜こもごもの西学アリたち

ニコラに泣き、ナノックスに笑う…悲喜こもごもの西学アリたち

今年、米ナスダックに華やかに進出した水素トラック会社「ニコラ」とデジタルX線会社「ナノックス」の株価が、技術力を巡る議論を経た後対照的な様子を見せている。韓国投資家らの悲喜も分かれている。

1日(現地時間)、ニコラの株価は14.89%安の1株=17.37ドルで取引を終えた。前日も株価が26.92%急落した。バッテリーシステムと燃料電池の技術分野で、ニコラと20億ドル規模の協力事業を推進していたジェネラルモーターズ(GM)が、ニコラの持分買収を諦めた影響が大きかった。「水素トラックを丘から押して転がした」という技術力を巡る論議が提起された後、経営から手を引いた創業者・トレバー·ミルトンなどの主要内部者の保有株式が義務保護前受から解除され、市場に供給される可能性があるというニュースも悪材料となった。

同日、ナノックスは1株=59.20ドルで取引を終え、「詐欺論議」以前の高値の水準まで回復した。ナノックスは4日、北米放射線学会のカンファレンスで医療撮影機器「ナノックスアーク」の実演を行うことにしたというニュースが好材料となった。モルガン・スタンレーやクレディ・スイスなどの世界的な投資銀行(IB)や年金基金などがナノックスに流入したというニュースも、株価上昇を支えた。ナノックスは9月、空売り勢力からデジタルX線の次世代映像撮影機器(ARC)関連映像を操作したという攻撃を受け、株価が急落した経緯がある。

スポンサードリンク
シンデレラのように登場した両企業の初期の歩みは似ている。ニコラの「水素トラック」とナノックスのデジタルX線は、革新技術として期待された。両社は完成品がないにもかかわらず、今年6月と8月に米ナスダックに上場した。株価も一時、公募価格対比300%以上高騰した。韓国の大企業であるハンファ・グループとSKテレコムが、それぞれニコラとナノックスの主要投資家として参加した。技術力を巡る議論が持ち上がった後、両社は空売り勢力の攻撃に苦しんだ。

論議後の行動は違った。ナノックスは、技術実演のための具体的なスケジュールを公開し、機関投資家らの投資を誘致して、技術保有を巡る議論を正面から突破した。ニコラは創業者が経営から手を引き、技術力の立証も遅々として進まない様子を見せて、危機を迎えているという評価が出ている。
https://www.donga.com/jp/

2020-12-04-k001.jpg

水素燃料電池トラックの開発を手掛ける「ニコラ・モーター」は、ゼロエミッションの大型トラックを、予定通り2021年後半に発売する方針を明らかにした。同社経営陣によると、1年以上は事業を継続できるだけの資金を保有しているという。同社創業者のトレバー・ミルトンが投資家に虚偽の説明をしていた疑惑が浮上して以降、同社の株価は急落していたが、「前回の資金調達で、我々は強固な財務基盤を築いた。来年末以降まで必要な資金を確保できている」とマーク・ラッセルCEOは述べている。資金使途として、アリゾナ州クーリッジでの工場建設や大規模水素ステーションの建設、2021年までに予定している電動トラック「Tre」の製造などを予定しているという。

ニコラが本格的に収益を生み出すのは、2022年以降になる予定だ。同社は、第2四半期末時点で6億9900万ドルのキャッシュを保有している。また、SEC(証券取引委員会)に提出した四半期報告書によると、総資産は9億2500万ドル(約972億円)となっている。6月に上場を果たした際のSECへの申請書には、2021年後半から2022年前半までに7億ドルを調達する計画が記されている。ラッセルによると、この計画についても変更はないという。一連の騒動は、ニコラとGMの提携にも影響を及ぼしている。計画では、GMがニコラ株を11%取得し、ニコラはGMから新型バッテリーシステム「アルティウム」と燃料電池「ハイドロテック」の供給を受ける予定だった。また、GMはニコラのピックアップトラック「Badger」の設計、認証、検証、製造を行う予定だった。

「ニコラとの取引きはまだ終わっていない。同社の新しい経営陣と交渉中であり、適切な時期に情報を公表する」とGMの広報担当者であるJulie Huston-Roughは述べている。SECへの申請書によると、ニコラは9月30日までにGMと最終合意に至ることを想定していた。12月3日までに合意がなされなければ、提携は破棄される。

関連記事

[ 2020年12月04日 10:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp