韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  菅は安倍以上に手強いかも

菅は安倍以上に手強いかも

日本の菅義偉・首相は首相就任直後の9月28日、東京都内のあるホテルで開催された自民党内の集まりに参加した。安倍前首相率いる自民党派閥グループの集会だ(原文ママ)。食事を終える前に席を立った菅首相は、車で10分ほど離れた中国料理店に向かった。ここには自民党の二階幹事長率いる別の派閥グループが集まっていた。安倍前首相と二階幹事長はいずれも自民党総裁選で菅首相を推した派閥のトップだ(原文ママ)。夕食会が同じ日に重なったため調整がつかず、双方を転々とするその姿は、最大派閥はもちろん少数派閥のトップでもない菅首相の脆弱(ぜいじゃく)さを示すようにも感じられた。「短命政権」と誰もが予想した。

就任から3カ月も過ぎていない今月3日、日本の消費者に「朗報」が伝わった。日本の大手通信会社のNTTドコモが携帯電話料金を引き下げると発表したのだ。来年春には20ギガバイトのデータ契約を月2980円で可能にするというものだ。現在は5000-6000円はかかることから、破格の値下げと言える。NTTドコモは韓国ではSKテレコムのような企業だ。日本は「世界で携帯電話料金が最も高い国」として悪名が高い。日本の通信業界は20年以上にわたり政界や世論から激しい批判を受けてきたが、それでも企業側は動こうとはせず、NTTドコモは毎年およそ8000億-9000億円の営業利益を出してきた。営業利益率は20%前後に達する。文字通り金をかき集めているのだ。韓国でもSKテレコムは批判を受けているが、それでも営業利益率は6%ほどだ。

最弱政権と言われた菅首相がかつての小泉政権も、あるいは安倍政権でさえもできなかったことを短期間でやり遂げたのだ。菅首相は就任直後「国民から見て『当たり前のこと』をやる」と語ったが、その時から「20ギガデータの携帯電話契約」を具体例として挙げていた。菅首相は10年以上前、通信事業を管轄する総務大臣を努めている。

スポンサードリンク
菅首相について韓国国内では「安倍前首相よりはくみしやすい」と考える雰囲気がある。かつて戦闘機に乗った写真を公開するなど、帝国主義の雰囲気を醸し出した安倍前首相と比較し、菅首相をより穏やかな人物と考えたのだ。ある財界関係者の知人は「安倍のように突然半導体輸出を規制するような、非常識な国粋主義者ではないだろう」と語る。しかしその根拠があるわけではなく、そう感じるだけだそうだ。周辺の政治家や官僚、ジャーナリストたちも同じように話しているという。しかし菅首相は父親がかつて日本が帝国主義だった時代、貧しさ故に満州に移住し、敗戦直後には命からがら逃げてきたような家の出身にもかかわらず、ごく普通に「戦争が可能な普通の国の日本」と語る。その態度から「安倍よりもやや右寄り」という見方も出始めている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/12/04/2020120480034.html

2020-12-05-k005.jpg

菅氏は官房長官、すなわち安倍政権の顔、右腕として圧倒的な存在感を示してきた。病気で辞任する安倍首相の意志を継ぐことは、有権者にも分かり易い政治的な大義になるだろう。菅政権が誕生すれば、コロナ危機管理内閣として政策の継続性が全面に打ち出され、2012年末から続く安倍政権の経済政策はほぼ維持されると予想される。安倍政権に対する評価は様々だろうが、批判はするが健全な政策論争を行わないように見える野党に対する国民の信頼が高まらない一方で、安倍政権が相応の実績を残して国民の期待に一定程度応え続けた、というのが客観的な事実と言える。

外交面では、米国を中心とした民主主義体制の親密国との関係強化、TPP協定を実現して自由貿易推進の旗振り役になった、などが主な成果となる。今後、菅政権では、安倍政権の経済政策を継承する一方で、これまで2%インフレ目標は実現しておらず道半ばであるが、コロナ禍前においても、日本の労働市場には一段の改善余地があった。2020年のコロナ対応のために金融財政政策の役割が一段と高まっているが、これを徹底的に使えば、安倍政権同様に次期政権が国民の支持を得る可能性は格段に高まることになる。そして、安倍政権が実行しなかった緊縮財政政策の転換という、有用な政策手段が次期政権に残っていることは明白だ。

関連記事

[ 2020年12月05日 09:05 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp