韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国全国経済人連合会「韓国、7年後には日本を抜いて世界5位の輸出国に飛躍の見通し」

韓国全国経済人連合会「韓国、7年後には日本を抜いて世界5位の輸出国に飛躍の見通し」

韓国経済団体全国経済人連合会が7年後韓国が日本を抜いて世界5位の輸出国にのぼるものと見通した。全経連は3日、1977年輸出100億ドル達成以降世界輸出市場での韓国の地位変化と2010年以降世界輸出順位6~7位を維持している韓国の世界5位輸出国入りの可能性と課題を分析・発表した。

韓国は1977年輸出100億ドルを記録して世界20位の輸出国になり、その後42年間輸出が9.96%増えて2019年基準で輸出5418億ドル、世界輸出市場シェア2.9%で世界7位の輸出国になった。2019年基準で世界5位の輸出国である日本と韓国の輸出額の差は1637億ドルだ。世界市場シェアは韓国が0.7%ポイント低いが、今後韓国の輸出が2010年代成長の勢い(’11~’19年年平均1.68%)を維持するだけでも輸出競争力の弱化が著しい日本を抜いて7年後には世界5位の輸出国になるものと全経連は予想した。

特に、中国向け輸出で韓国と日本の悲喜が分かれた。11年~19年韓国の輸出が16年中国のTHAAD(高高度ミサイル防衛)による経済報復にもプラス成長(年平均1.68%)を続けた反面、日本は中国製造業の自給率向上により核心輸出品目であるハイエンド部品と素材の中国向け輸出の減少傾向が目立つなど、輸出競争力の弱化で輸出が年平均0.96%減少した。

スポンサードリンク
このような結果を受け、全経連国際協力室のキム・ボンマン室長は「多国間世界貿易秩序を重視する米国のバイデン新行政部の環太平洋経済パートナー協定のフレームワーク復帰の可能性が大きい中、新型肺炎による経済危機の打開とともに世界5位の輸出国入りの時期短縮のためには当局の攻勢的通商政策の展開が必要だ」とし、「韓国のTPP加盟環境を作り、2018年3月以降約2.5年間進められている韓中FTA投資・サービス交渉の早急な妥結などに力を入れるべきだ」と提案した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3bb9b9111861c6b5aed3234dd9a485db260d9a3a

2020-10-21-k002.jpg

そもそも7年後に国があると考えているメディアにもあきれ果てるが、自国崩壊のための借金地獄対応を実施できなければ、いつ国が訪滅びても不思議はない。もっとも日本でさえ10数年後には、国債暴落による財政破綻が起きることは確実と語る専門家も多い。その場合、日本人の働く環境が財政破綻の影響を大きく受けることは間違いないとしている。

現在、国の借金は1000兆円を超えており、絶え間なく増え続ける利子の他に、財政赤字によってここ2、3年は毎年40兆円ほどが積み上がる。今後もしばらくは同程度の赤字が続く見込みで、消費税を仮に10%以上にしても到底プラスにはならない。少子高齢化がさらに進みため、GDPが増えて税収が上がるとは考えにくい。このままではいずれ間違いなく日本国債は信用を失うというものだ。

だが現実日本の借金はそれほど多くは無い。私は国債もまだ時間的余裕はあるとみる。とはいえその間に国家予算とのバランス調整は不可欠で、内需拡大のためには、海外からの人材を受け入れるしか道はない。

関連記事

[ 2020年12月06日 08:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp