韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国人男性がフィリピンに置き去りにした子どもたち

韓国人男性がフィリピンに置き去りにした子どもたち

華字メディアの世界華人週刊はこのほど、韓国人男性に捨てられたフィリピン人の女性とその子どもについて取り上げ、「フィリピンで韓国人の父親を待っている子どもは少なくとも3万人に上る」と指摘する記事を掲載した。以下はその概要。

「中国のドラマを見ると結婚に恐怖を感じるが、韓流ドラマはその逆。結婚への憧れを抱かせる」とある人が言った。だが現実は残酷だ。フィリピンには韓国人男性と付き合った後、捨てられてしまい、相手との間に生まれた子どもを1人で育てねばならない若い女性たちがいる。中には経済的なプレッシャーや周囲のうわさ話に耐えかねて子どもを捨ててしまう母親もおり、孤児院が受け入れる子どもの数が増えるにつれて現地政府も重視するようになった。こうした子どもたちは「コピノ」と呼ばれる。

では、なぜこれほど多くの女性が捨てられることになるのか。ここ数年、韓流は東南アジア全体を席巻し、韓流ドラマの影響で女性たちは「いつかオッパ(韓国語で『お兄さん』の意)と結婚する」という夢を抱いた。それは単に考えてみただけのことなのだろうが、フィリピンの学費や生活コストは安く、ソウルからマニラまで飛行機でわずか4時間しかかからない。

スポンサードリンク
多くの韓国人がフィリピンで英語教育を受けるようになり、韓国メディアは「2004~08年に計10万2134人がフィリピンで学んだ」と報じた。経済の回復に伴ってこの数字はここ数年、爆発的な増加を見せ、現地女性が韓国人男性と出会うのも容易になった。そして、現地観光業の活況も出会いの機会を増やした。長年、韓国人観光客はフィリピンを訪れる外国人観光客の最多を占めており、17年は延べ160万人以上に達した。
https://www.recordchina.co.jp/b857655-s0-c30-d0063.html

2020-12-06-k001.jpg

コピノ(Kopino)は韓国の男性とフィリピンの現地女性の間で生まれた2世をフィリピンで言う言葉である。コリアンとフィリピノの合成語である。韓国男性がフィリピン女性を妊娠させ出産となっても、ほとんどの場合韓国へ帰国をし支援をしないため、コピノの大半は貧困で教育もろくに受けられず、汚物のたまった掘っ立て小屋で粉ミルクすらまともに摂取できない最底辺の生活を余儀なくされている。

フィリピンにはコピノのほかにも先進国の外国人との混血児がいるが、これらの国の社会福祉団体は混血児を体系的に支援し、母親への職業訓練も行っている。現地でコピノ支援活動を行う東方社会福祉会理事は「何よりも父親の態度が違う。米国人や日本人の父親は子どもの存在を知ると、養育費を送ったり自国に連れて行ったりするケースが少なくとも半分を占める」と語っている。一方、韓国人の父親のほとんどは子どもの存在を知らないか、または否定をするという。

コピノが増加している要因として、韓国人の上記目的だけの旅行、短期語学留学生の無責任な振る舞い、加えてフィリピンでは1930年以来堕胎が違法化され、しかも大部分がカトリック信者である点も理由に挙げられる。

関連記事

[ 2020年12月06日 08:47 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp