韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「東京五輪追加費用2940億円」…新型コロナで1年延期のため

「東京五輪追加費用2940億円」…新型コロナで1年延期のため

日本が新型コロナウイルスのため1年延期された東京五輪・パラリンピックを開催するため2940億円の経費を追加で負担することになったと読売新聞が5日に報道した。

読売新聞によると4日に橋本聖子五輪担当相と小池百合子東京都知事、森喜朗大会組織委員長が会談し、追加費用の分担問題を話し合った。会議の結果、新型コロナウイルス対策に必要な経費を含め2940億円の追加経費が発生すると予想し、東京都が1200億円、組織委が1030億円、日本政府が710億円をそれぞれ負担することにした。

東京五輪は当初今年7月に開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の余波で来年7月に延期された。五輪開催延期にともなう追加費用のうち960億円は新型コロナウイルス対策に必要な経費だ。昨年12月基準で東京五輪の開催費用は1兆3500億円だったが、1年延期と新型コロナウイルス対策費用が発生し、開催費用は1兆6440億円に増えることになった。
https://japanese.joins.com/JArticle/273061?servcode=A00§code=A00

スポンサードリンク
2020-12-06-k002.jpg

来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの追加経費について、大会組織委員会の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事、橋本五輪相が4日、都内で会談し、総額2940億円とすることで合意した。都が1200億円、組織委が1030億円、国が710億円を負担する。これにより、東京大会の開催経費は、昨年末の試算から22%増の1兆6440億円となった。

追加経費は、選手への検査など新型コロナウイルス対策費の960億円と、延期に伴って会場を再契約するための費用や、組織委職員の雇用期間延長による人件費などコロナ関連以外の1980億円。国と都、組織委は2017年5月に合意した経費の分担方針に沿って負担額を決めた。 コロナ関連以外の経費で、組織委は大会中止に備えて掛けていた損害保険の保険金やスポンサーからの追加の協賛金を合わせた760億円に、不慮の事態に備えて計上していた予備費270億円を加えた1030億円を負担する。

さらに組織委が賄えない費用を都が負担することで合意し、都は本来なら組織委が負担すべき150億円を含めた800億円を支出することを決めた。国はパラリンピックの経費など150億円を拠出する。 コロナ対策費は、選手の検査体制の整備にかかる費用を国が負担し、それらを除いた残りを国と都が折半することで一致した。負担額は国が560億円、都が400億円となる。

関連記事

[ 2020年12月06日 09:06 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp