韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国首都圏「部分的ロックダウン」へ、年末経済に打撃

韓国首都圏「部分的ロックダウン」へ、年末経済に打撃

韓国政府は、ソウルなど首都圏で新型コロナウイルスの大流行が始まったとして、8日以降、3週間にわたり感染対策をさらに強化すると発表しました。 「もう逃げ場がない。今回の危機は、これまでとはレベルが違う」(朴凌厚 保健福祉相)

韓国では、5日連続で500人以上の新規感染者が発生。8日午前0時から3週間、ソウルなど首都圏の感染対策レベルが5段階のうち、上から2番目に引き上げられます。これにより、飲食店からの配達・持ち帰りを除きほぼ全ての業種で午後9時以降の営業が禁止され、学習塾やカラオケ店、ジムなどは終日営業禁止となります。また、室内でのマスク着用が義務付けられるほか、50人以上のイベントを開催した場合は、処罰されます。

韓国政府は、「いつどこで感染してもおかしくない危険な状況だ」として、外出と他の地域への移動を自粛するよう強く勧告していて、忘年会シーズンを迎えた韓国経済への打撃となるのは必至です。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4144455.html

スポンサードリンク
2020-12-08-k001.jpg

新型コロナウイルスの感染「第3波」の拡大を受け、韓国政府は6日、首都圏の防疫対策「社会的距離の確保」のレベルを従来の第2段階から第2.5段階に1段階引き上げる方針を発表した。「部分的な都市封鎖(ロックダウン)」にあたる第2.5段階は5段階あるレベルのうち上から2番目。今回の防疫強化措置は8日から今月28日まで3週間実施される。

第2.5段階では、カラオケ店、屋内スポーツ施設などが休業となり、スーパーマーケットや百貨店、映画館、ネットカフェなどは午後9時以降の営業が禁止される。50人以上の集まりも禁じられる。また、首都圏以外の地域は上から3番目の第2段階に引き上げる。回防疫レベルを引き上げたのは、首都圏のコロナ感染状況が「大流行」段階に入り、全国に広がる様相を呈していると判断したため。防疫当局が同日発表した全国の新規感染者数は631人。今月4日に約9カ月ぶりに600人を上回り、その後も増加ペースが続いている。感染者の8割近くが首都圏で発生している。

丁世均首相はこの日の対策会議で、「コロナとの戦いが最大の危機に直面した。国民の不便や自営業者の苦しみを考えると心が重いが、今の危機を乗り越えてこそ平穏な日常を取り戻すことができる。当分の間、集まりや接触を自粛してほしい」と呼び掛けた

関連記事

[ 2020年12月08日 08:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp