韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の「脱炭素」に向けた努力は世界最悪?

韓国の「脱炭素」に向けた努力は世界最悪?

2020年12月7日、韓国・KBSは、英誌エコノミストの「石炭を過去のものにしよう」という特集記事を引用し「“炭素不良国家”韓国の経済に明日はない?」と報じた。

同誌は「カーボンニュートラル(炭素中立)は地球上の全ての国、特に開発途上国が共に努力をしなければ不可能だ。今も石炭に依存する国と共に解決策を模索しよう」と伝えており、アジア(特に中国とインド)ではまだ安価な石炭への依存度が高いとしている。これに関しKBSは「(韓国も)安心してはいけない」とし、「絶対量は中国とインドに及ばないが、『炭素排出をどれだけ減らしているか、努力しているか』という面では、世界で最悪だと言っても過言ではない」と指摘している。

まず、過去20年間の二酸化炭素排出増加率は、 経済協力開発機構(OECD)加盟国で韓国が最も高い。加盟国が平均的にマイナスの増加率を示しているなか、韓国は平均2%の増加率となっているという。韓国は09年の李明博(イ・ミョンバク)政権当時、「20年までに二酸化炭素排出量を2割削減する」と約束している。本来なら現在は6億トン以下まで落ちているべきところだが、排出量は年々増加しており、17年からは7億トンを超えている。今年も同水準を維持すると見られている。これと関連し、国家機構環境会議の安秉玉(アン・ビョンオク)運営委員長(元環境部次官)は「2割削減の約束は、炭素隔離技術の開発を前提にしていたものだが、まだその技術は開発されていない。40年頃になるかもしれない」と話しているという。

スポンサードリンク
韓国は太陽光、風力発電の比率も低く、全体の2.64%にとどまり、中国(8.7%)を下回る。OECD平均は11.8%、日本は10%以上だという。地熱、中小水力、バイオマスに範囲を広げても、韓国はOECD加盟国中、下位になるという。また韓国の石炭依存度は依然として高く、現在も7基の火力発電所が建設中で、今後も火力発電は増える見通しだとしている。韓国電力によると、過去10年間で無煙炭の使用量は2倍以上に増えているという。ベトナムの火力発電所の建設に韓国電力、サムスン物産などが参加しており、海外から投資・施工の撤回を求める声が上がるなどしたことも紹介している。

OECDは、韓国の再生可能エネルギー政策について「依然としてグローバル気候変化対応に及ばない」と評価。「再生可能エネルギーの比率は2%に過ぎず、調査対象36カ国中最下位。化石燃料比率は80%、このうち31%が石炭だ」と批判もしているという。さらに、国際エネルギー機関(IEA)が評価する韓国の炭素排出量は世界7位、1人当たりベースでは6位で、「国内総生産(GDP)順位や1人当たりの国民所得順位より高く、恥ずかしい数字だ」と伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/b859274-s0-c30-d0144.html

2020-12-10-k001.jpg

韓国電力公社は5日に開いた取締役会で、ベトナム北中部ハティン省のブンアンに第2石炭火力発電所を建設するプロジェクトを推進すると決議した。 建設するのは炭素排出量を最小限にする「超々臨界圧(USC)」と呼ぶタイプで、出力は1,200メガワット(MW)級。総事業費の22億3,000万米ドル(2,347億7,000万円)は事業融資(プロジェクトファイナンス)で資金調達するほか、「韓国電力と三菱商事がそれぞれ約2億米ドルずつ出資する」(韓国電力関係者)としている。サムスン物産と斗山重工業が設計・調達・施工事業者として参加する予定だ。 同プロジェクトを巡って国内では、「文在寅政権が国内では再生可能エネルギー政策を推進する一方、海外で火力発電事業を推進するのは矛盾している」との批判の声が上がっていた。

一方、日本の石炭火力はSOxやNOxの排出量はきわめて少なく、欧米と比べてもクリーンなレベルを誇っている。J-POWERの磯子火力発電所は横浜市と日本で最初の公害防止協定を締結し環境対策を徹底している。2002年に生まれかわった時に排煙脱硝装置の導入だけでなく日本で初めての水を使わない排煙脱硫装置を導入し、SOx、NOxの排出量は主要先進国と比較して、一桁低い極めて小さい値となっている。世界を見れば、中国やインドなど環境対策が不十分なまま発展している国々で大気汚染が大きな問題となっている。日本の最先端技術を海外で活用していくことが大いに期待されている。

関連記事

[ 2020年12月10日 08:48 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp