韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  10月の訪韓外国人96.3%減 日本からは99.6%減に

10月の訪韓外国人96.3%減 日本からは99.6%減に

韓国観光公社が9日発表した統計によると、10月に韓国を訪問した外国人は6万1585人で前年同月比96.3%減少した。

訪韓外国人を国籍別にみると、米国が1万2366人で最も多く、中国(1万1477人)、フィリピン(9041人)、インドネシア(3230人)、ロシア(2240人)、日本(927人)、タイ(460人)と続いた。

新型コロナウイルスの感染拡大により、各国と韓国を結ぶ航空路線が減り、中国国籍の入国者は前年同月比98.0%減、日本国籍は同99.6%減となった。

10月に海外へ出国した韓国人は7万1970人で、前年同月比96.7%減少した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/12/09/2020120980270.html

スポンサードリンク
JNTOの推計によると、2020年9月の日本人出国者数は、8月に続いて前年同月比98.2%減の約3万2千人となった。日本政府は10月30日に9つの国・地域を対象として、感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航は止めてください)に引き下げた。これは3月25日の全世界へのレベル3(渡航中止勧告)発出以来となった。

2020-12-10-k005.jpg

8月の日本人出国者数は、台湾と韓国で4ヵ月ぶりに1,000人を上回った。入国・帰国後14日間の自主隔離等を条件としてビジネスでの往来を認める「レジデンストラック」や、自主隔離期間の行動も制限付きで認める「ビジネストラック」は、9月以降対象国が拡大している。2020年8月の空港別出国者数は、いずれも前年同月に比べて3%以下の水準にとどまっている。羽田空港からの出国者数が5ヶ月ぶりに1万人を超したが、新千歳・那覇の各空港からの出国者数は4月以来ゼロが続いている。国際航空路線は計画の9割ほどが運休を余儀なくされている。

関連記事

[ 2020年12月10日 09:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp