韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の11月の携帯電話市場、5G機種が68%占める2000万台に

中国の11月の携帯電話市場、5G機種が68%占める2000万台に

中国情報通信研究院が10日に発表したデータによると、中国の携帯電話市場では11月に5G端末の出荷量が2103万6000台に上り、同期の出荷量全体の68.1%を占めた。中国新聞社が伝えた。同データによると、11月に発売された5G新機種は16種類で、同期の新発売機種の53.3%を占めた。1-11月の中国市場の5G端末累計出荷量は1億4400万台で出荷量の51.4%を占め、5G新機種は累計199種類で新機種の47.7%を占めた。

5G端末の浸透率が上昇を続けた。今年1月の全出荷量のうち5G端末の占める割合は26.3%にとどまっていたが、6月は60%を超え、その後はずっと60%以上を維持している。全体としていえるのは、携帯電話市場の縮小が続いていることだ。今年11月の国内市場出荷量は2958万4000台で、前年同期比15.1%減少した。1-11月は2億8100万台で同21.5%減少した。

中でも国産ブランドの出荷量の低下がより大きかった。11月は2268万台で同27.7%減少し、同期の出荷量の76.7%を占めた。1-11月は2億4900万台で同23.6%減少し、同期出荷量の88.5%を占めた。出荷量のうち国産ブランドの割合が10月から低下し始め、10月は78%、11月は76.7%に低下した。一方、4-9月はずっと90%以上を保っていた。
https://www.recordchina.co.jp/b860050-s10-c20-d0046.html

スポンサードリンク
2015-02-18-wa.jpg

日本の市場調査機関MMRIは今年は、サムスンが日本の携帯電話市場で3位に浮上すると予想したと伝えている。MMRIは、20年度通期の日本の携帯電話の総出荷台数が前年度比0.6%増の3145万台になるとしている。メーカー別では米アップルが1位、シャープが2位、サムスンが3位になるとした。サムスン電子が日本の携帯電話市場の出荷量基準で3位になるのは初めてのことだ。MMRIは具体的な数値は明らかにしていないが、業界ではアップルが50%台のシェア率で不動の1位を守り、サムスンのシェア率も10%台に上がると予想しているという。

サムスンの戦略は実にしたたかだ。今回もサムスンのロゴを消して販売しているわけで、TVコマーシャルや携帯電話企業も積極的に販売している。中国スマホなどは日本でも人気があるだけに、サムスンロゴを消せば売れるという版倍戦略と同時に、低迷する日本国内のスマホ事情にも問題がある様だ。アップルが次第に品種を拡大し、価格を下げて販売しつつあるのは効果的だが、中国スマホは低価格で高性能となると、意外と日本国内のスマホ競争は激化中と言える。アップルシェアは大きいが、次第に減少しつつあるのも事実。

今後は携帯料金緩和と共に、格安スマホで高性能なミドルレンジスマホが行方を握るとも考えられる。

関連記事

[ 2020年12月14日 08:35 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp