韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「水素燃料電池自動車最強」の現代自動車が世界市場の74%を占める

「水素燃料電池自動車最強」の現代自動車が世界市場の74%を占める

現代(ヒョンデ)自動車は、スポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)やバス、トラックなど、さまざまな水素燃料電池自動車のラインアップに支えられ、昨年に続き、今年も世界の燃料電池自動車市場を主導していることが分かった。市場調査会社・SNEリサーチは14日、今年1~9月の世界の水素電燃料電池自動車の販売台数を集計した結果、計6664台が販売され、現代自はこのうち最も多い4917台を販売してシェア73.8%となったと発表した。これは昨年同期より販売台数が61.3%伸びたものだ。2位と3位のトヨタとホンダは、販売台数が昨年同期比61.8%減と27.2%減となり、販売台数はそれぞれ767台と187台に止まった。

現代自は、スポーツユーティリティ車(SUV)「ネクソ」、バスの「エレクトリックFCEV」の持続的な販売好調に加え、今年はトラック「エクシアントFCEV」まで登場し、乗用と商用を合わせた水素燃料電池自動車製品群をそろえたことが、前向きな影響を及ぼしたとみられる。一方、トヨタは、水素燃料電池自動車「ミライ」が今年で6年目を迎え、市場で老朽化した製品と認識されている上、新型コロナウイルス感染症で米国での生産・販売が中断された。

しかし、自動車業界の燃料電池自動車の競争は、来年から本格化する見通しだ。トヨタは今月9日(現地時間)、1回の完全充填で最大で850キロ走行可能な「高性能セダン」を掲げて、第2世代ミライを日本で発売し、来年の米国での販売も控えている。トヨタは、日本国内の135ヵ所に上る水素充電所のインフラや日本政府の水素産業育成政策を基に、年間生産台数を、以前モデルの10倍の3万台にまで増やす方針だ。

スポンサードリンク
昨年は販売実績が皆無だった中国メーカーも、今年1~9月に自国内のトラック物量の受注で100台以上の販売業績を上げ、来年も攻撃的に供給拡大に乗り出すものとみられる。
https://www.donga.com/jp/

2020-12-16-k002.jpg

韓国の現代自動車は、欧州の化学大手イネオス(INEOS)と水素テクノロジーの開発に向けた契約を締結している。英国のビリオネアのジム・ラットクリフ率いるイネオスは11月22日、現代自動車との間で、水素の生産と供給に向けての覚書を締結したと発表した。韓国の富豪のチョン・ウィソン(鄭義宣)が会長を務める現代自動車は、水素燃料電池車(FCV)の大量生産を目指している。両社は、イネオスの系列会社のイネオスオートモーティブのSUV「グレナディア」に現代が生産する燃料電池システムを搭載し、イネオスのパワートレインの多様化を早期に実現しようとしている。

だがトヨタ自動車が新型の燃料電池車(FCV)「ミライ」を発売した事で、乗用車としての性能を高めると同時に、商用車や船舶など幅広い分野に燃料電池(FC)を応用することも想定した設計にしている。サービス体制を整え、動力源としてFCを搭載したい企業にシステムを売り込む。全産業でFC陣営を増やすことで水素燃料の消費量や充てん設備数の引き上げにつなげ、FCの普及に弾みをつける。FCVは電気自動車(EV)よりも準備時間が短い。例えば数時間で充電したEVは470㌔㍍走行できる一方、新型ミライは数分の充てん時間で850㌔㍍走れる。EVと同様に、走行時には二酸化炭素(CO2)を排出しない。

普及へは幅広い分野で水素燃料が活用されることが不可欠となっている。「乗用車向けに開発された初代システムは最初は転用がなかなか難しく、コストも含めて社会のニーズには十分応えられなかった」。トヨタの前田昌彦CTO(最高技術責任者)は初代ミライで得た教訓を率直に認める。初代ミライを発売して「思いのほか乗用車以外への転用ニーズが多いとわかった」と話している。ヨタはFCVの基幹部品である電気をつくる「FCスタック」を自社生産する。FCスタックはガソリン車でいえばエンジンにあたる基幹部品だ。ホンダも自社製FCスタックでFCVを製造している。FCスタックメーカーとしてはカナダの燃料電池大手バラード・パワー・システムズと競合するほか、韓国・現代自動車など完成車メーカーも近年は内製化の動きを進めているようだ。ただ前田CTOは「(数が少なく)競争といえるような環境ではない」と話す。

関連記事

[ 2020年12月16日 09:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp