韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  大韓航空とアシアナ、相互乗り継ぎ手続きが可能に

大韓航空とアシアナ、相互乗り継ぎ手続きが可能に

大韓(テハン)航空とアシアナ航空は15日、乗り継ぎ便の発券、最終目的地までの手荷物連携託送など、両航空会社の連結搭乗手続き(IATCI)サービスを開始すると発表した。統合を推進している2つの航空会社が初めて出す顧客利便サービスだ。このため、同日から両航空会社の航空便を乗り継ぎで相次いで利用する乗客は、座席割り当て、搭乗券発給、手荷物連携託送を最初の搭乗航空会社で一度だけ行えば済む。

例えば、日本でアシアナ航空に乗って仁川(インチョン)国際空港に到着し、大韓航空の欧州行き航空便に乗り換える乗客は、日本空港で大韓航空の乗り継ぎ便まで一度に手続きができるようになった。以前は、日本でアシアナ航空便の搭乗券だけを受け取り、仁川(インチョン)空港で降りて大韓(テハン)航空の窓口に行き、搭乗券と座席を新たに受け取らなければならなかったため、利用客は移動の動線が増える煩わしさを受け入れなければならなかった。昨年、仁川空港で両航空会社を相次いで利用した乗り換え客は1万2000人余りに上る。IATCIは、出発48時間前から可能だ。

IATCIは、その大半が当該航空会社と同じ同盟体所属の航空会社またはお互いの共同運航(コードシェア)が結ばれた航空会社同士だけが利用できた。大韓航空はスカイチーム、アシアナ航空はスターアライアンスと所属同盟体が違う上、韓国内での競争でこれまで接点がなかったが、来年の統合を控えて先制的に連携サービスに乗り出したのだ。現在、大韓航空は同じスカイチーム所属の米デルタ航空、フランスのエールフランスなど49の航空会社とIATCI協約を交わしている。

スポンサードリンク
大韓航空の関係者は、「アシアナ航空との来年の統合を控えて、統合により顧客の利便性が向上するサービスを継続して展開していきたい」と語った。
https://www.donga.com/jp/

2020-12-18-k002.jpg

大韓航空は現地時間12月15日、出発地で乗り継ぎ便への搭乗手続きをする「スルーチェックイン」をアシアナ航空と開始した。最終目的地までの手荷物預け入れもできるようになり、利便性が向上する。両社が所属する航空連合は異なり、大韓航空は創立メンバーの1社としてスカイチームに、アシアナ航空はスターアライアンスにそれぞれ加盟している。大韓航空はデルタ航空やエールフランス航空など、スカイチーム加盟社を中心に49社とスルーチェックインで提携しているが、アシアナ航空とは未実施で、これまでは乗り継ぎ空港でのチェックインが別途必要だった。

今回のサービス開始により、乗り継ぎ空港でチェックインする必要がなくなり、次便の搭乗口へそのまま移動できるようになった。両社が拠点とする仁川国際空港では、2019年の両社間での乗り継ぎ客はおよそ1万2000人だった。 大韓航空は11月16日に、アシアナ航空の買収を発表。新型コロナウイルス感染症の影響で、韓国の2大航空会社が統合されることになる。

関連記事

[ 2020年12月18日 08:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp