韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自、水素自動車を前面に出して22年に日本に再進出

現代自、水素自動車を前面に出して22年に日本に再進出

現代(ヒョンデ)自動車が、エコカーである「水素電気車(FCEV)」や純粋電気車(EV)を打ち出して、11年前に撤退した日本市場に再び進出する見通しだ。 20日付の日本経済新聞によると、現代自は2022年に日本市場で水素電気車の代表モデル「ネクソ」を発売する予定だ。現代自は9月、日本語版の乗用車専用ホームページを新たに構築してエコカーを大々的に広報し、日本市場に再進出すると観測されたことがある。

同紙は、現代自が日本市場に再び進出するために、昨年夏から市場調査を行っていると伝えた。内燃機関車としては日本市場への進出に失敗したが、水素電気自動車や電気自動車ブランドとしての強みを打ち出せば、新しいイメージで日本の消費者にアピールできると判断したという。 現代自は、ネクソを2022年に先に発売するために、日本市場での販売に必要な認証を獲得したという。日本のトヨタやホンダと一緒に競争している水素電気車市場で、現代自は今年70%以上のグローバル市場シェアを記録している。

同紙はまた、現代自が来年から電気車専用プラットフォームで生産する純粋電気自動車も、日本市場に投入する案を検討していると伝えた。現代自は、グローバル自動車市場で、トヨタなどの日本ブランドより一足早く電動化を進めていると評価されている。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
2020-12-21-k006.jpg

クルマ買取りのアップルは東京モーターショーで超小型電気自動車「e-Apple」の販売を開始すると発表し,、家庭の100V電源で充電できる超小型マイクロEVであるe-Appleは、最高速度55km/hの原付き四輪登録の一人乗り電気自動車となっている。私は今月この車を購入した。主に病院や買い物の足となる。リチウムバッテリー搭載車で税込み120万円。原動機付四輪車であるから、保険等は原付扱いで免許は普通免許となる。 中国では二名乗れるが日本向けは一名専用に改良されている。

パワーウインドウにクーラー、ヒーターを設置しており、電動リモコンミラー、バックモニターを搭載する。タイヤは軽自動車と同じサイズとなる。モーターパワーは小さいのだが、加速は良い。一方で意外とモーター音はうるさい。オーディオやカーナビまでついているが、カーナビは中国使用で使えない。パノラマルーフも備えており、充電は家庭用の100v電源で銃でできる。およそ100~120km走行が可能だ。4輪ディスクブレーキで、リモコンでドアロック・アンロックができる。最高速は時速55km。一般道で普通に走れるレベル。パワーステアリングも標準装備となる。

リチウム電池使用のほかに鉛電池使用があり、こちらは車両価格は税込みで100万円となる。リチウム電池使用のほうが約100㎏軽いので、20kmほど走行距離が延びる。また出だしの加速もよい。 高級なおもちゃレベルかと思いきや、かなり良くできている。ただ一人乗りという事もあり、利用価値のある人には良いが、そうでない人は軽自動車のほうが良い。

今年トヨタが電気自動車のミニカーを販売するが、こちらは二名で普通免許となり、価格は未定だが、かなり高い可能性がある。日本の交通法規制変更により大きく左右されるが、今のところは難しいと考える。 軽自動車主流の日本であるから、ミニカーが売れると軽自動車販売に大きく影響が出るだろう。各社悩みどころだろうか。 もっとも現代車よりはこちらの方が売れるだろうと思うが。

関連記事

[ 2020年12月21日 09:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp