韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「感染者少なくワクチン考えなかった」告白…集団免疫誤判断した韓国政府

「感染者少なくワクチン考えなかった」告白…集団免疫誤判断した韓国政府

7月の韓国国内の新型コロナウイルス流行状況が深刻でなく初期ワクチン確保をおろそかにしたという韓国政府の立場が出された。当時国内感染者が少なくワクチンを確保することは急務でなかったという趣旨だ。だが人為的に免疫を形成するワクチンは感染者が少ないほど必要になる手段だ。韓国政府がワクチン確保初期段階から感染症集団免疫に対し誤認したとの指摘が出ている。

丁世均(チョン・セギュン)首相は20日にある放送インタビューを通じ、「7月にワクチンタスクフォースチームが稼動した時は韓国国内の感染者が100人程度でワクチン依存度を高める考えがなかった側面がある」と話した。丁首相は「米国、英国、カナダなど患者が多い国は多国籍製薬会社のワクチン開発費をあらかじめ出していた。開発費を出した国と購入するだけの国は差別を置くため韓国は(ワクチン導入が)遅れた側面がある」ともした。

韓国政府はこれまで6月末にワクチンタスクフォースを稼動してワクチン確保に向け努力してきたと主張してきた。他の国より韓国のワクチン接種が遅れることに対しては「他の国の副作用事例を確認した後で接種するため」と説明した。だが丁首相の説明通りならばタスクフォース稼動初期に開発費支援などの形態でワクチン確保計画を立てたが、韓国の防疫状況だけ信じ軽視したということだ。

スポンサードリンク
冬に入って大流行が始まり、韓国政府が自信を持った防疫システムは崩れている。無症状・軽症感染者が広がり、首都圏はいつどこで感染するかもわからない状態になった。首都圏全域に臨時選別検査所を設置したのは「これ以上疫学調査で患者を探すことは不可能だ」という政府の告白も同じだ。病床が不足し首都圏では適時に治療を受けられず死亡する患者が続出している。韓国はこれまで社会的距離確保、手洗いなどを通じて感染者を最小化する戦略を展開した。患者が大規模に発生して医療資源不足など医療崩壊が起きるのを防ぐための措置だ。ワクチンが開発されるまで時間を稼ぐ意図でもある。こうした防疫措置は逆説的に集団免疫時期を繰り上げるのは役立たない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/50db3cb37a6cf2c495833066da33398f80b09123

2020-12-23-k005.jpg

丁世均首相が「7月ワクチンタスクフォース(TF)チームが稼動する時は国内感染者が100人程度とワクチン依存度を高めることを考えなかった側面がある」と話している。これを受け、政府がワクチン確保段階の初期から判断ミスだったのではないかという指摘が出るのは当然と言える。第二波、第三波と次第に強く変位する新型コロナウイルスは、インフルエンザシーズンと重なり、一度拡大すると手に負えない状態にある事すら、過去の事例を一向に参考にしていない韓国政府の手落ちともいえる。過信しすぎという事だ。

最も資金不足は深刻で、感染が少なかろうと、その時点で政府は6月末にワクチン確保のために取り組んだわけで、主張を変えた事が大きなミスともいえる。自己都合な国であるから、過信した韓国政府の甘さと言える。。

関連記事

[ 2020年12月23日 08:41 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp