韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SKT、0.001秒で反応する5Gクラウドを公開

SKT、0.001秒で反応する5Gクラウドを公開

SKテレコムは24日、アマゾンウェブサービス(AWS)との「超協力」で超低遅延通信速度を実現する「SKT5GXエッジクラウドサービス」を韓国で初めて商用化した。このサービスを利用すれば、クラウドにアクセスする通信反応時間が0.001秒(1ミリセカンド)まで速くなる。現在のロングタームエボリューション(第4世代・LTE)網のデータ処理速度である約0.065秒、第5世代(5G)の既存網の処理速度である約0.041秒よりも画期的に速くなる。

「SKT5GXエッジ」は、アプリケーション(アプリ)がクラウドにアクセスする際、インターネットや地域統合サイトを介さずにクラウドセンター(ウェーブレングスゾーン)に直接アクセスさせて、データの処理時間や距離を画期的に縮めるサービスだ。SKテレコムとAWSは、大田(テジョン)に国内初のAWSウェーブレングスゾーンを稼動して、クラウド通信遅延時間を従来の60%水準まで減らした。「SKT5GXエッジ」を活用すれば、ロボット配送、自律走行、クラウドゲーム、スマート医療など、クラウドを活用するサービスをより安定的に運営できる。

例えば、「配達の民族」などの配達アプリは、大型スポーツ試合があったり、割引クーポンが多くなれば注文が殺到してアプリがダウンする可能性が高いが、超低遅延技術が導入されれば、データ反応速度が低下してアプリの障害を防ぐことができる。自律走行車もブレーキを踏んだ後、実際のブレーキがかかるまでの反応速度がほとんど無くなり、安全性がさらに高くなる。ストリーミング速度が重要なクラウドゲームにも、超低遅延技術が活用されると見られる。

スポンサードリンク
SKテレコムとAWSは、ソウルなど、ほかの地域にもインフラを持続的に拡充して、サービス範囲を拡大する計画だ。ユ・ヨンサンSKテレコムモバイル通信(MNO)事業代表は、「AWSとのコラボを通じてゲーム、メディア、流通、製造など産業別革新モデルを発掘して拡散する上で先頭に立つ計画だ」と語った。
https://www.donga.com/jp/

2020-12-25-k002.jpg

韓国のB2Bに向けては、2020年をB2Bビジネス元年と位置付け、企業向けのビジネスを本格的に拡大するとしている。まずは5G MEC(Mobile Edge Computing)センターを韓国12カ所に設立し、クラウドを活用した産業推進を行う。こちらもAmazon Web ServicesやMicrosoftと協力して、5Gエッジクラウドサービスを全国展開。この5Gエッジクラウドサービスを商用化後し、無人搬送ロボットや遠隔医療などのサービスに超低遅延なコネクティビティーを提供、製造業、流通、医療などさまざまな産業に適用していくという。

SK Hynixの半導体工場にも5Gネットワークを配備。AI動画分析機能やAR技術など最先端情報通信技術も導入して、5Gスマートファクトリーを実現するとしている。また韓国水力原子力との協力による、5Gスマート発電所の建設も推進。KHNPの水力発電・揚水発電所に5Gプライベートネットワークと量子暗号技術を適用し、ドローンによるダムのリアルタイム無人監視システム、遠隔水位監視システム、状況共有システムなどを実現するとしている。

さらにソウル市と協力して、C-ITS (高度道路交通システム)プロジェクトを推進。5G ADAS(先進運転支援システム)、リアルタイムなHD マップ(高精度地図)アップデートを行う「Road Learner」ソリューションを導入して、車線逸脱警告や前方衝突回避などの機能での安全性向上や、自動運転に向けた道路状況のHD マップの即時反映などを進めていくとしている。

同社は、韓国全土の主要商業地域と人口密集地域に70カ所の5Gクラスター(ARやVRなどへの最適な5G体験に向け、通常の5Gより多くの基地局を配備した施設)を構築。2020年は、この5Gクラスターを240か所に拡大し、5Gサービスも韓国85都市に拡大。加えて屋内カバレッジも強化し、空港、百貨店、大型ショッピングモールから中小規模の建物まで合計2000棟への5Gカバレッジ拡大を目指すとしているが、既に出遅れている。

関連記事

[ 2020年12月25日 09:03 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp