韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  豪雪立ち往生にEV車はどこまで耐えられるのか 充電は至難の業…専門家「現状では対策できない」

豪雪立ち往生にEV車はどこまで耐えられるのか 充電は至難の業…専門家「現状では対策できない」

記録的な豪雪により発生した新潟、群馬県境付近の関越自動車道の車の立ち往生は、解消までに約52時間を要した。立ち往生に巻き込まれて身動きできなくなった場合、車内で暖を取りながら除雪作業を待つことになるが、政府が導入に本腰を入れる電気自動車(EV)は長時間の立ち往生に耐えうるのか。

上下線で最大約2100台に及んだ立ち往生は、体調不良などを訴えた30~60代の男女計4人が病院に搬送された。 ドライバーにとっては人ごとではない事態だが、SNS上では、携行缶でガソリンなどの燃料を補給するわけにはいかないEV車が雪で立ち往生した場合、バッテリーが上がるリスクがあるという趣旨のツイートが話題になった。

EV車の普及は近年目覚ましく、EVとプラグインハイブリッド(PHV)は世界全体で220万9831台販売されている。経済産業省は国内で販売する新車を2030年代半ばにEVやハイブリッド車(HV)など電動車にする目標を掲げ、「脱ガソリン車」の方向に向かっていることは間違いない。災害時における非常用電源としても期待されているEV車だが、バッテリーは寒さに弱いとされる。

スポンサードリンク
自動車ジャーナリストの佐藤篤司氏は「エンジンは熱とエネルギーを生み出すが、モーターの場合は消費するのみで、暖房をつけることで容量を大きく消費してしまう。EVは数日バッテリーが持つとされるが、立ち往生した場合、ガソリン車と違って外部からの充電は至難の業といえ、現状では対策できない」と指摘する。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/201225/dom2012250002-n1.html

2020-12-21-k006.jpg

私は最近 ”e-apple” と言う電気自動車を購入した。原付4輪車の位置付けだ。一人乗りとは言え、装備は豪華となる。リチウムバッテリータイプでは、100~120km走行できる。 だがこの時期の私の地域で、温度は朝で0℃となる。まして毎日は乗らないわけで、昨日確認したところでは、ヒーターoff で35~40km程度でバッテリーは半分となる。意外と冬場の数日間での放置は、走行しなくてもバッテリーには厳しい様だ。なので夏と冬ではかなり差が出る感じだ。

この状態で気になるのが、長時間の渋滞となった時は厄介だ。まして急速充電に対応していないので、バッテリーが上がったら、ロードサービスに頼るしかない。電気自動車の盲点ともいえる。なので今後は走るほどに充電するシステムを組み入れないと難しいとみる。このミニカーのサンルーフが太陽光パネルであったりと、日本で改善して販売する中小企業が増加している。だが、まだまだ売るには難しい。 近くでの買い物程度では良いが、まだまだ改良するべき点は多い様だ。

今年トヨタが超小型電気自動車を発売するが、売れなのではないか。

関連記事

[ 2020年12月26日 09:38 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp