韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船の底力…3年連続で世界1位

韓国造船の底力…3年連続で世界1位

韓国の造船業界が中国を抜いて今年船舶受注量3年連続世界1位を達成した。上半期に激しい受注減を体験したが下半期に液化天然ガス(LNG)船など高付加価値船舶の受注が集中して劇的な逆転に成功した。

27日の業界によると、現代重工業グループ、大宇造船海洋、サムスン重工業の韓国造船大手3社は先月以降85隻・113億ドル相当の船舶を受注した。約40万台の中型自動車を輸出したのに匹敵する規模だ。この期間の世界の船舶発注量の70%以上を獲得した。年末に入り船舶発注が爆発的に増えたのは、上半期に新型コロナウイルスの余波で停滞した物流量が下半期に急増し海外の海運会社などからの注文が相次いでいるためだ。

中国に奪われた世界1位も奪還した。調査機関のクラークソンリサーチによると、今年の船舶受注量は21日基準で中国が723万CGT(標準貨物船換算トン数)、韓国が661万CGT、日本が138万CGTの順だ。韓国が21日以降の3日間で新たにLNG運搬船17隻を含む最小150万CGTを受注したのを反映すれば逆転は確実視される。この期間に中国はLNG運搬船を1隻も受注できなかった。上半期まで中国は351万CGTを受注し韓国の118CGTと格差を2倍以上に広げていたが、韓国系造船会社が底力を発揮し逆転に成功した。

スポンサードリンク
造船業界では来年も受注が続くと予想している。業界関係者は「コンテナ運賃指数が過去最高を更新するなど船舶不足現象が続いている。来年上半期まで発注が続くだろう」と話した。
https://japanese.joins.com/JArticle/273793?servcode=300§code=320

2014-08-19-sa.jpg

造船海運分析の英「クラークソンズ・リサーチ」社が発表したデータによると、2020年第1四半期(1~3月期)の造船受注量は、中国が市場全体の64.8%を占める151万CGT(標準貨物船換算トン数)で1位になった。韓国が15.4%に当たる36万CGTで2位、日本が7.7%の18万CGTで3位。この時点では、韓国は、昨年まで2年連続で船舶受注量世界1位だったが、今年は新コロナの感染拡大の影響で、船舶の発注も延期が相次いでおり、韓国造船業界の主力船種である液化天然ガス(LNG)船舶の発注はまだない状態だ。

また韓国造船大手2社の1―9月期連結決算(速報ベース)は、サムスン重工業の営業損失が7690億ウォン(約707億円)と、前年同期の4016億ウォンから拡大した。現代重工業グループの造船持ち株会社韓国造船海洋は、営業利益が前年同期比2倍の2553億ウォンと黒字を維持したものの、厳しい事業環境を反映し造船子会社各社の受注目標を下方修正している。 また公的資金投入で雇用は維持しても、船舶価格を下げての受注を加速している状況は変わらずである。

まして為替で一番厳しい造船業であるから、当然赤字受注となる。世界一と豪語しても赤字拡大で、既に税金不足に陥っている韓国政府では、今後は政府負債に押され、すべてが下降する。海外からカネが入らない韓国において、海外投資家からの借金で構成する国家予算では心もとないのも事実。内需活性化の拡大が急務だが、大手企業が外資系企業だけに、投資家への利益分配が主となり、そのための拠点移動も実施せざるおえない、結果として韓国への貢献度は小さくなるしかない。

大手企業が海外進出を加速するほどに、自国中小企業も移動するわけで、内需はさらに縮小する。

関連記事

[ 2020年12月28日 09:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp