韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国ネットを怒らせた日韓のコカ・コーラの違いとは=「国のシステムがめちゃくちゃ」

韓国ネットを怒らせた日韓のコカ・コーラの違いとは=「国のシステムがめちゃくちゃ」

2020年12月28日、韓国・ウィキトゥリーによると、韓国のコカ・コーラの価格は日本の2倍以上高いとの事実が韓国のネットユーザーの間で広まり、物議を醸している。

記事によると、韓国の複数のインターネット掲示板に「韓国人はコカ・コーラの価格を公で議論するべきだ」と題する書き込みがあった。書き込みは、日本のスーパーで売られているコカ・コーラの写真と共に「コカ・コーラの価格がおかしい」「日本のコカ・コーラは1.5リットルで1300ウォン(約117円)だが、韓国は250ミリリットルの缶が1300ウォンだ」と説明している。その上で「価格がおかしいことを公で議論できないだろうか。日本は韓国よりGDPが1万ドル高いが、コーラの価格ははるかに安い。あの価格はあり得ない。本当にどうかしている」などと訴えたという。

記事は「このユーザーの主張は一理ある」とし、「来年から適用される韓国のコカ・コーラ関連商品の価格表を見ると、コーラ1.5リットルは3600ウォン(約324円)で販売されることになっている」と説明。「日本より2倍以上高く、韓国より平均物価の高い日本の経済状況を考えると韓国のコーラは驚くほど高い価格で売られている」と指摘している。 また、「世界を基準にしても韓国のコーラは高い方だ」とし、「今年9月基準で韓国のコーラ500ミリリットルの価格は世界57カ国中12位。来年はさらに値上がりするため10位になる」としている。韓国より価格が高い国はノルウェーや豪州、ニュージーランド、米国、英国、フィンランド、デンマーク、カナダ、スウェーデンなど西洋の先進国だという。

スポンサードリンク
これを見た韓国のネットユーザーからは「中国を旅行した時もコーラがとても安かった。なぜ韓国だけ高いの?」「国ごとに安いものもあれば高いものもある。なのになぜ韓国は全てが高いの?」「先進国は衣食住の生活用品が安くあるべきなのに韓国は全てが高い」「外国に出たら韓国のスーパーの物価がどれだけ高いか実感する。衣食住のうち食の物価を抑えられないのは、それだけ国のシステムがめちゃくちゃだということ」「コーラだけの話じゃない」「コーラのせいでサイダーも高い」などの声が寄せられている。
https://www.recordchina.co.jp/b863715-s0-c30-d0058.html

2020-12-29-k002.jpg

2007年、LG生活健康がコカ・コーラ飲料を買収し、コカ・コーラというブランド自体を国内企業と誤解するケースが頻繁に発生している。しかし、これは誤ったもので、米国のコカ・コーラの韓国法人であるCoca-Cola KoreaがLG生活健康の子会社であるコカ・コーラ飲料の持分10%を保有しているだけだ。コカ・コーラ飲料の残りの持分90%はLG生活健康が保有している。コカ・コーラコリアは10%の持分を持つコカ・コーラ飲料に原液を供給し、毎年数千億ウォンの利益を出している外資系企業。

2015年、コカ・コーラコリアとコカ・コーラ飲料は「原液購入契約と関連して、従属企業であるコカ・コーラ飲料(株)は日程要件充足時、CCKCから年間売り上げ実績により奨励金を支給される」といった内容の契約を結んでいる。コカ・コーラコリアは2008年から5年間、コカ・コーラ飲料に毎年100億ウォン(約10億7000万円)ずつの奨励金を支給しているが、2013年にはこれを75億ウォン(約8億円)に削減した。2014年はまったく支払われていない。原液購入代金が増えても、かえって売り上げ実績に伴う奨励金は受けることができないのだ。通商売り上げ実績に伴う奨励金は原材料買い入れ金額で差し引きし、未収金として財務諸表に計上される。

これに対して飲料業界では、原液を提供するコカ・コーラコリアが甲の位置にあるとみたら、コカ・コーラ飲料の立場では多少不利な条件の契約を受け入れるほかはなかった。 2社の原液購買契約は5年ごとになされる。 原液は米コカ・コーラ本社に所属したコカ・コーラコリアが国内で作った後、独占契約を結んだコカ・コーラ飲料に提供される。コカ・コーラ飲料としては、原液に対する代案がないため、契約条件に反旗を翻すことも難しい状況となっている。

関連記事

[ 2020年12月29日 08:51 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp